グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 尾西記念病院  > 当院について  > 病院長ご挨拶

病院長ご挨拶

尾西記念病院
病院長 多羅尾 信

平成24年4月1日付けで尾西記念病院院長を拝命しました。前任院長の元で平成21年4月に尾西市民病院から民間移譲を受けて以来、一宮市南西部地区を中心にして地域医療・福祉を展開してきましたが、四年目を迎えて更なる地域貢献を目指して活性化してゆきたいと考えております。
当社会医療法人杏嶺会は、尾張西部医療圏において4病院1施設と訪問看護ステーション等各種事業所を展開しておりますが、それぞれの機能を十分に発揮してゆくためには更なる努力と連携が大切な要素であると思っております。
また、地域の他の医療機関・福祉関連施設等との密接な連携が、地域住民が安心して生活できる環境づくりに貢献できるものと信じます。当院に与えられた役割として、地域住民の急性期・慢性期医療への対応、リハビリテーション機能の更なる拡充を目指して需要に応えられる病院にしてゆきたいと考えます。
そのためには職員一人一人のスキルアップは勿論のこと、様々な局面でのコミュニケーション能力を向上させて対応してゆくべく努めてまいります。一歩一歩、改善・改革を行いながら地域から信頼されるより良い病院にしてゆく所存です。

今後とも、皆様のご指導・ご支援を宜しくお願い申し上げます。