グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




薬剤科

尾西記念病院の薬剤科には、当院薬剤科には3名の薬剤師が在籍し、年齢差はあるものの、アットホームな雰囲気の中で切磋琢磨し、“小回りの利く”薬剤科として、日々努力しています。現在は、主に服薬指導や外来窓口業務に携わっておりますが、専門薬剤師の取得などの個々のレベルアップや、病棟業務・薬剤情報提供などを積極的に行い、患者さま・職員とのコミュニケーションを図り、チーム医療への貢献をめざしています。


1. 調剤業務・院外処方箋監査業務
併用薬のチェックや体重換算量など薬剤が適正に使用されているか、処方箋の内容に疑義がないか確認などを行っています。

2. 院内調剤
定期処方箋・臨時処方箋を、錠剤分包機や散剤分包機で調剤しています。
処方監査には、薬剤の適正使用はもちろんのこと、錠剤の刻印・散剤の秤量記録紙などを確認して、薬の取り間違い・誤調剤の防止に努めています。また、できあがった薬の監査は、調剤した薬剤師以外の薬剤師が行った後、患者さまにお薬をお渡ししています。

3. 注射薬調剤業務
原則、次の日に施行される注射剤を、患者さまごとにセットしていきます。また、配合変化や処方内容の確認などを行っています。

4. 病棟業務
服薬指導が主な業務です。患者さまやご家族に、薬剤に対する不安や悩みを取り除けるよう接しています。入院時の持参薬の確認も行っております。また、医師・看護師・コメディカルと情報を共有し、今後の治療方針など話し合える場としたいです。

5. 無菌調剤業務
無菌製剤室は、入院患者さまの注射薬を混合するために用いられる部屋です。クリーンベンチを設置し、限りなく細菌が存在しない条件下で注射薬を混合することができます。この様な条件環境で注射薬を混合することにより、安全で衛生的な注射薬をつくることが可能となります。ここでは高カロリー輸液(食事摂取が困難な患者さんの食事の代わりとなる点滴で、糖質、電解質、アミノ酸、ビタミン等で構成される)の混合を行っています。

6. 製剤業務
耳鼻咽喉科や眼科などで使用する薬剤の調製をしています。

7. 薬品管理業務
毎月、薬剤科内の薬品の在庫や使用期限のチェックを行っています。また、病棟や外来など、配置薬についても、同様にチェックを行っています。

8. 麻薬管理業務
麻薬の保管・払出など『麻薬及び向精神薬取締法』に基づき、適切に管理しています。

9. チーム医療への参画
NSTや感染対策・リスク管理など、他部署との連携をとり、より良い医療の提供に努めています。

10. 勉強会
自己啓発のため、医師を含めた勉強会を月1回、薬剤科内でも、週1回、薬剤師のニーズにあわせた勉強会を行っています。