グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 尾西記念病院  > 中央診療部紹介  > 放射線科

放射線科

主任 尾藤

尾西記念病院の放射線科では、胸腹部のX線や超音波検査、CT検査、血管造影等のX線を用いた各種の検査をはじめ、MRI検査や骨密度検査などを通して、患者さんの診療に携わっています。また、医師・看護師をはじめ、検査科、薬剤科、リハビリテーション科、事務などのスタッフとの連携を大切にして、もし異常があればすぐに連絡できるように心掛けています。当放射線科では現在、技師3名、助手1名で安全・安心な検査が行なえるように対応させていただいております。


放射線科の主な検査機器

CT装置 (16列マルチスライス装置
CT装置は、同時に複数の断面を撮影できるため、患者さんの検査時間が短縮できます。
診断価値の高い情報が得られます。

MRI装置 (1.5テスラ
全身の臓器や関節、血管などの画像をあらゆる方向から写し出すことができ鮮明な画像を映し出します。また、放射線の被曝がない、体にやさしい検査です。圧迫感が少なく安心して検査を受けていただけます。

胸腹部や全身の骨撮影をする一般撮影装置
(CR撮影装置:2台)
2台のCR撮影装置を用いて、患者さんの胸腹部や全身の骨の撮影を行なっています。

Ⅹ線TV装置
Ⅹ線テレビ装置は、画面にリアルタイムに観察部位が映し出される装置です。観察をしながら向きを変えたり、圧迫したりして、最も見やすい状態にして撮影することができます。

骨密度測定装置
高いエネルギーと低いエネルギーのX線では、骨の透過度が違います。この性質を利用して、高低二種類のエネルギーのX線を照射し、身体のどこかの骨密度を測定します。
骨粗しょう症かどうかを、確実に診断することができます。