グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 法人のご案内  > 病院長ご挨拶

病院長ご挨拶

一宮西病院 上林 弘和

一宮西病院は開院以来、診療科の充実と救急医療への取り組みを通じ、地域の急性期医療を担う病院として機能を高めてきました。地域の多くの皆さまに利用していただくには、外来・入院機能とも急速に手狭になってきたことから、2009年11月、現在の開明地区に新築移転いたしました。
一宮西病院は救急医療および急性期医療を充実させ、一宮市や尾張西部地区の地域医療の拠点としての役割を果たしていくつもりです。「24時間365日、いつでもどんな怪我や病気の患者さまでも受け入れ、決して断らない」「最新の設備と高度な医療技術」「患者さま中心のきめ細かい医療サービスの実践」という方針で、これからも地域の皆さまに安心・信頼していただける病院を目指し、お役に立ちたいと考えています。
一宮西病院はこれからもなお一層、地域完結型の医療を目指し、地域の開業医の先生方や他病院との医療連携を大切にし、先生方に信頼していただける病院を目指していきます。
私たち医療に携わるすべてのスタッフが協力して行うチーム医療こそ医療本来の姿と考え、継続、実践していきます。また一宮西病院の職員にとっても、働き甲斐と夢のある病院でありたいと考えております。
地域の皆さまが安心して最良の医療を受けたいというご期待に応え、信頼していただける病院づくりを目指し、これからもより一層努力してまいります。

尾西記念病院 多羅尾 信

平成24年4月1日付けで尾西記念病院院長を拝命しました。前任院長の元で平成21年4月に尾西市民病院から民間移譲を受けて以来、一宮市南西部地区を中心にして地域医療・福祉を展開してきましたが、四年目を迎えて更なる地域貢献を目指して活性化してゆきたいと考えております。
当社会医療法人杏嶺会は、尾張西部医療圏において4病院1施設と訪問看護ステーション等各種事業所を展開しておりますが、それぞれの機能を十分に発揮してゆくためには更なる努力と連携が大切な要素であると思っております。
また、地域の他の医療機関・福祉関連施設等との密接な連携が、地域住民が安心して生活できる環境づくりに貢献できるものと信じます。当院に与えられた役割として、地域住民の急性期・慢性期医療への対応、リハビリテーション機能の更なる拡充を目指して需要に応えられる病院にしてゆきたいと考えます。
そのためには職員一人一人のスキルアップは勿論のこと、様々な局面でのコミュニケーション能力を向上させて対応してゆくべく努めてまいります。一歩一歩、改善・改革を行いながら地域から信頼されるより良い病院にしてゆく所存です。
今後とも、皆様のご指導・ご支援を宜しくお願い申し上げます。

上林記念病院 平井 浩

精神科病院が創設されるとき、その場所は人里離れた場所が選ばれた。山の上、田圃の中などである。
精神疾患は、日常から遠い存在として人々から考えられてきた。人々の生活が複雑に差別化されるなど困難になるにつれて、想像すらしなかった精神科を受診する機会に晒され、病気の苦しみと同時に精神科を受診せざるをえなくなったという悔しさ、失望感を抱かれることになる。
今や人々のほうから精神科病院(メンタルクリニックを含めて)へ接近する時代になろうとしている印象がある。精神科医療における法律も、既に約20年余前に精神保健福祉法が作られ、改正を経ている。
病人の人権は勿論のこと、接遇についても配慮することが求められている。過去には人の目にふれることがすくなかった精神医療の実態は、むしろ逆に情報提供しなければならない立場に変わってきている。病院の設備、医療のレベル、配慮の在り方への努力は絶えず続ける必要があり、私どもはより良い医療、いい仕事を目指すプロ集団でありたいとのぞんでいる。
病気の中でも精神疾患はとりわけ、人と社会との関係の中で起こってくる。家庭、職場、地域、社会での生活そのものが深く係わっている。したがって精神科医療は病院が単独でなされるのでなく、関係するすべての人々との連携、協力が必然となる。
広い精神科医療の世界の中で、私どもは一メンバーに過ぎない。感謝されてきた時代から感謝する姿勢へと移行する時代を予知しなければならない。

いまいせ心療センター 伊藤 隆夫

当院は平成20年7月に一宮市民病院今伊勢分院から民間移譲を受けて、「いまいせ心療センター」として、社会医療法人杏嶺会の一員となりました。
いまいせ診療センターでは、病院事業を継続して、一般精神科、および認知症の通院と入院治療を行っています。精神障害については、増加しているものの、偏見もいまだに強く、受診に対する敷居はまだ高いものが見受けられます。
しかし、心や頭・対人関係でお困りの方、お悩みの方はぜひ一度お尋ねください。医師をはじめ多職種の職員が、できるかぎりご相談に応じます。
また、「一宮市障害者相談支援センターいまいせ」は、当院の患者さんでなくてもご利用いただけます。日常生活上のことなど、気軽に来所相談してください。
地域の皆さまに信頼される病院となれますように、日々努力してまいります。