グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 法人のご案内  > 法人概要

法人概要

理念と指針

理念

職員の行動と意識の指針

患者様・利用者様及び家族のために

  • 私たちは、高い技術への自己研鑽に励みます。
  • 私たちは、安全のために細心の注意を払います。
  • 私たちは、常に業務改善を目指して創意工夫します。
  • 私たちは、チームワークで医療・福祉のサービスを提供します。
  • 私たちは、地域との密接な連携を大切にします。
  • 私たちは、社会規範を遵守します。

シンボルマーク及び由来

シンボルマークの由来

マークのKは杏嶺会の頭文字

躍動感のあるデザインには、「元気になっていただこう、回復していただきたい」という思いが込められています。



杏嶺会の名前の由来

杏嶺会 は古い中国のお医者さんで、医療を提供するときにお金がない患者さまに「杏を持ってくれば、お金はいいですよ」とおっしゃった。診療代金のかわりの杏が、林になって、森になって、嶺(みね)になったという中国の古事からとっています。

法人概要

概要

名称社会医療法人 杏嶺会
代表者上林 弘和
開設昭和63年4月1日
所在地 〒491-0201 一宮市奥町字下口西89-1
連絡先 (0586)61-0110(代表)
FAX番号(0586)61-5639(代表)

沿革

「杏嶺会」は戦後まもない昭和23年、先代院長・上林弘之が「上林医院」を開設したことにはじまります。

「奥町病院」に改名後、昭和63年に上林弘和が院長に就任。同年、医療法人「杏嶺会」を設立し、現在に至ります。平成3年には「上林記念病院」に名称変更、さらにその翌年、現病棟が完成。杏嶺会グループの礎ができあがりました。高齢化社会に対応し、より地域に密着した総合的な医療体制の展開を目指して、平成9年に「老人保健施設やすらぎ」を開設いたしました。翌平成10年には「精神科社会復帰センターつどい」、「一宮市在宅介護支援センターやすらぎ」を開設、さらに介護訪問部門の強化を図るため「介護保険相談センターやすらぎ」、「訪問看護ステーションやすらぎ」を開設しました。また高度で専門性の高い急性期医療の提供を行うべく、平成13年に「一宮西病院」を開設。平成21年11月には一宮市開明地区に新築移転し、現在440床まで増床いたしました(平成29年現在)。その間、杏嶺会は特定医療法人となり、平成21年にはより公共性の高い現在の「社会医療法人」の認可を受けました。また一宮市からの市民病院民間移譲の公募を経て移譲、地域医療継続のため、平成20年に「いまいせ心療センター」、平成21年に「尾西記念病院」を開設、新たにグループ病院として運営することになりました。

杏嶺会はこれからも地域のすべての住民に開かれた病院、頼られる病院を目指して地域医療に貢献して参ります。
昭和23年上林医院開設
昭和40年奥町病院に改名
昭和63年 医療法人杏嶺会設立
平成3年上林記念病院に改名
平成9年「老人保健施設やすらぎ」開設
平成10年「精神科デイケアセンターつどい」開設
「一宮市在宅介護支援センターやすらぎ」開設
平成11年「介護保険相談センターやすらぎ」開設
平成12年「訪問看護ステーションやすらぎ」開設
平成13年「一宮西病院」開設
平成19年特定医療法人の認証を受ける
平成20年「いまいせ心療センター」開設
平成21年認定を受け社会医療法人となる
「尾西記念病院」開設
平成21年11月一宮西病院新築移転