病院紹介

外来化学療法

化学療法受付 化学療法による有害事象(副作用)や点滴方法に対する管理技術が年々進歩してきており、今まで入院でしか出来なかった化学療法も、通院で行えるようになってきました。通院で化学療法を行う場合、患者さまの日常生活に出来るかぎり支障を来たさないように配慮し、化学療法をより快適な環境でより安全に行うため、当院では平成21年12月より外来化学療法室を開設し、治療を行っています。
また、平成22年11月には日本がん治療認定医機構 認定研修施設を取得しました。
外来化学療法室は、完全予約制で室内にはベッド3床、リクライニングチェア4床を設けています。心地よい音楽が流れており、大きな窓からは岐阜県から長野県の山々が見渡せるゆったりとした空間で、各リクライニングチェアには液晶テレビを設置し、自由にご覧いただけるようになっています。

活動内容

化学療法受付 医師の指示のもと専任看護師がケアにあたり、治療中の経過管理を行っており、専任薬剤師は薬剤の管理調整だけでなく副作用やスケジュール等の説明を行っております。また、ソーシャルワーカーや、栄養士、医療事務等も連携して患者さまへのサポートをしています。

外来化学療法のリスク

外来通院での抗がん剤治療は副作用の発見やその対応処置が、入院に比べて遅れてしまう可能性があります。このため、外来化学療法を 受ける患者さまには、自己管理していただく必要があります。私たちは出来るかぎり副作用の予防に努め、副作用出現時にはその対応が遅れることのないよう心がけ、昼夜を問わず患者さまからの連絡での対応や、時間内及び時間外外来受診での対応で支援を行っていく体制を整えています。

外来化学療法室の診療の流れ

  1. 受付
    再来機(予約あり)
    1階の再来機コーナーにて診察券を通し、受付を行ない案内が表示されます。
  2. 診察
    外来または外来化学療法室で採血および主治医の診察を行います。
    (ただし、主治医の判断により当日の治療を中止する場合もございます。)
  3. 治療
    当日の治療を行います。
    (治療中は看護師が血圧や症状の変化等について確認します。)
    (治療中の状態や前回治療後からの症状出現の有無等についてもお聞きします。)
  4. 会計窓口
    当日の予約点滴が済み、体調に問題なければ次の予約票を受け取り、会計窓口及び精算窓口(自動精算機)にて、お支払いとなります。
    処方が出ている場合は処方箋を持って、院外薬局にてお受け取りください。
    また時間帯によっては院内で処方を受け取る場合もございます。

治療上の心配ごとやお悩み、治療を継続していく上で、生活上お困りのことなどがございましたら、化学療法室の看護師までお気軽にご相談ください。