病院紹介

手術室・中央材料室

手術室 手術室では、「Noと言わない手術室」をモットーに、当院の診療科が行う手術症例を全て受け入れています。昼夜を問わず行われる手術に、看護師は強い責任感と使命感で長時間の手術にも対応しています。
手術室には、経験と豊富な知識を得ている看護師が多くいます。
安心して患者さまには手術を受けていただけるよう、日々勉強し努力をしています。

手術室・中央材料室の取り組み

看護師の役割

手術室に入室する看護師は、器械出しと外回りと言われる役割をそれぞれ責任を持って担当しています。
器械出し看護師は、手術術野から視線を外すことなく、手術の進行状況を把握し、必要な手術器具を予測し、医師に手渡します。
経験豊富な看護師が器械出しを行うと手術時間が短縮され、手術を受けられる患者さまへの負担が少なくなり安全性が高まります。

患者さまの代弁者としての役割

患者さまが全身麻酔で手術を受けられる場合、「痛い」「寒い」「暑い」「気分が悪い」など様々な症状を訴えることはできません。しかし、身体は敏感に反応していますので、それらの反応を「患者さまの訴え」と捉え対応します。

手術手順書、マニュアルの作成

手術室で行われた症例に対し、手術手順書を作成しています。これは、どの看護師でも手術手順書を見て、手順書通りに進めることで器械出しを円滑に進めることができ、手術時間を短縮することができます。
また、手術室マニュアルは患者さまが手術室へ入室するところから退室までの看護師の行動が書かれています。手術室看護師の行動をマニュアルにより標準化することで、どの看護師も同じ行動を取ることができます。

カンファレンス

毎月1回、手術業務の中で発生する問題点について検討会を行っています。

勉強会

毎月1回、感染対策や針刺防止などについて勉強会を行っています。また、手術中に使用する薬剤のことについて薬剤師と勉強会を行ったり、手術中に使用する医療機械の使い方について臨床工学技士(ME)と勉強会を行っています。

今後の取り組み

あらかじめ手術が決まっている患者さまのところへ手術前に訪問し、その患者さまの疾患や健康状態などを把握することで、手術前からケアすることができるようになります。