診療科紹介

甲状腺疾患について

対象疾患と診療内容

甲状腺疾患
  • バセドウ病
  • 橋本病(甲状腺機能低下症)
  • プランマー病(機能性甲状腺結節) 
  • 亜急性甲状腺炎
  • 無痛性甲状腺炎
  • 腺腫様甲状腺腫
  • 甲状腺癌 など
甲状腺は首の喉仏のすぐ下に存在する蝶が羽を広げたような形をした臓器です。甲状腺からはT3、T4というホルモンが分泌され、
1.血圧や脈拍や体温の維持
2.代謝の調整
3.小児における成長発達の促進
などの役割を担っています。
甲状腺に起こる病気は大きく分けて甲状腺ホルモン異常と甲状腺腫瘍があります。
【甲状腺機能異常】

甲状腺機能が不要に上昇してしまう状態を甲状腺中毒症と言い、その多くをバセドウ病(甲状腺機能亢進症)が占めます。

  • 甲状腺腫大
  • 動悸
  • 息切れ
  • 体重減少
  • イライラ感

などが出現します。また甲状腺機能が低下してしまう状態を甲状腺機能低下症といい、多くの場合慢性甲状腺炎(橋本病)が原因です。甲状腺ホルモンが不足すると、

  • やる気がでない
  • 脈が遅くなる
  • 体温が低い
  • 浮腫(むくみ)

などの症状がでます。
当科ではバセドウ病、橋本病などの機能性疾患が疑われた場合初診時に採血、超音波検査などを行い、迅速な診断、治療開始に努めております。バセドウ病の治療においては内服(抗甲状腺薬)による治療のほか、放射線ヨード内用療法、手術療法(外科と協力)が可能です。

【甲状腺腫瘍】

腺腫様甲状腺腫、甲状腺癌などの腫瘍性疾患においては積極的にエコーガイド下細胞診を行って診断を行います。初診時に細胞診を行うことが可能です。診断の迅速化、患者様への通院負担の軽減につながるものと考えています。診断によって手術が必要な場合当院外科と協力して治療を行います。

◎2016年11月より、分化型甲状腺癌に対する甲状腺全摘後の放射線ヨードを用いた残存甲状腺破壊(いわゆるアブレーション)も行っております。

甲状腺腫瘍放射線ヨードに関する検査・治療を希望される医療関係者、患者様へ

放射線ヨードを用いた検査・治療については、バセドウ病治療、甲状腺全摘後の放射線ヨードを用いた残存甲状腺破壊、および残存甲状腺破壊後のシンチグラフィ検査を含めて施行できる件数が限られております。現在のところバセドウ病の放射線ヨード治療のみ他院からのご紹介での治療をお受けしておりますが、施行までに相当な期間を必要とする可能性がありますので、事前に当院地域連携室にご連絡いただくか、情報提供をいただけますようお願い申し上げます。

【当科での診療の例】

診断の例

吸引細胞診の様子 甲状腺穿刺吸引細胞診の様子

エラストグラフィ 甲状腺腫瘍の硬さをみるエラストグラフィ画像
(赤枠内が甲状腺腫瘍)