診療科紹介

泌尿器科

メッセージ

泌尿器科 当科では、腎臓より尿道にいたる尿路疾患および男性生殖器疾患の治療を行っています。
わかりやすい説明を心がけ、十分納得を得て、安全・確実な評価の定まった治療を行うよう努めています。また、麻酔科や他診療科と密接な連携のもとで治療にあたり、リスク軽減を心がけるとともに、地域の先生方との連携を大切にして、よりきめ細かい医療サービスでお役にたてるよう努めています。
また、腎臓がんに対しての腹腔鏡手術や、内視鏡やレーザーを用いた手術など、低侵襲手術にも力を入れています。

対象疾患と診療内容

尿路、性器、悪性腫瘍(腎癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍等)

エコー検診の普及は、無症状の早期腎癌の発見、予後の改善に大きく役立っています。
初診時の拡がり方で予後が大きく左右されるので、肉眼的血尿があれば、ただちに膀胱鏡検査をおすすめします。
表在性膀胱癌であっても再発率は高く、術後の定期検査が必要です。多発または再発を繰り返す場合は、BCGの膀胱注入療法が再発防止に効果的です。膀胱機能の保全に努めてはいますが、尿路変更せざるを得ない場合もあります。
進行癌には手術・放射線・化学療法を組み合わせて治療しています。PSA検診の普及により、前立腺癌を根治可能な早期に発見できるようになり、当科でもますます治療数が増えています。
全摘・ホルモン療法・放射線療法を組み合わせて根治をめざしています。

前立腺肥大

前立腺肥大症とは、前立腺が肥大することで尿道を圧迫する疾患です。症状としては、夜間頻尿や残尿、排尿時の痛みなどがあげられます。これまでは、主に薬による治療または手術療法(開腹手術や、内視鏡を用いて尿道から電気メスを挿入して行う経尿道的前立腺切除術)によって治療されてきました。
このたび当院では、新しい手術法としてグリーンライトレーザー療法を導入いたしました。グリーンライトレーザー療法とは、内視鏡(膀胱鏡)を用いて尿道から小さな光ファイバーを通して行う手術で、高出力レーザーを照射し、前立腺組織を蒸散させることで尿路のつまり(閉塞)を取り除くという治療法です。

グリーンライト療法メリット

・術後の痛みが少ない
・短時間でほとんど出血せず、前立腺を蒸散させられる
・早期退院が期待できる。

グリーンライト
尿路結石

2010年11月より、ESWL(※)(ドイツ ドルニエ製デルタⅡ)を導入し、体外衝撃波による結石破砕治療を開始いたしました。約8割の結石治療が可能です。
特徴は従来、下部尿管結石の治療はうつむきで行っていましたが、衝撃波ヘッドの移動により、上向きでも出来ること。さらに、ヘッド径の増加により、疼痛を緩和できたことです。
また、結石を実際に内視鏡で確認し、レーザーで破砕・除去することができる治療方法(※経尿道的尿路結石破砕術【f-TUL】)も選択できます。

※ESWLとは?

"Extracorporeal Shock-Wave Lithotripter"
体外から音速よりも速い衝撃波を体内の結石に当て塊を細かく砕き、尿とともに外へ排出させる治療法です。
身体には一切メスを入れないので、最も負担の少ない治療法といえます。治療時間も約60分と短く、開腹手術ではないので身体に傷は残りません。破砕効果が高く痛みの少ない衝撃波を発生するため安全性が高い結石治療です。

※経尿道的尿路結石破砕術(f-TUL)とは?

結石を実際に内視鏡で確認し、レーザーで破砕、除去することができる治療方法です。当院では新型の尿管内視鏡(細径尿管電子スコープ)を導入し、従来、内視鏡や体外衝撃波治療では困難であった腎結石などの治療も施行できるようになりました。入院、麻酔(脊椎麻酔)が必要にはなりますが、2泊3日と短期間の治療が可能です。
※「f-TUL」は「FlexbileScope - Transurethral Ureterolithotripsy」の略

結石の大きさや位置などにより、適切な治療をご提案いたします。

体に優しい泌尿器腹腔鏡手術について

泌尿器科の領域では多くの手術で腹腔鏡手術が最近は可能となってきました。当院では主に腎腫瘍、腎孟尿管腫瘍に対する治療の選択肢の一つとして腹腔鏡手術を施行しております。腹腔鏡手術とは体内に鏡を入れ、モニターに映し出された手術部位の映像を観察しながら施行する手術のことです。最大のメリットは傷か小さく痛みが少なく、また術後の回復が開腹手術より早い点です。腎腫瘍の場合は側腹部に3-4個の穴(0.5-2cm)をあけて専用の器具を用いておこないます。腹腔鏡手術の治療効果、根治性などは開腹手術と同等とされています。切除した腎臓(尿管)を体外に摘出するために傷を約6cm程度切り広げる必要はありますが、従来の開腹手術よりもかなり低侵襲に手術ができるようになりました。実際の治療は各々の患者さまの病状により様々です。しっかり病状、治療の選択肢などをご説明させていただき最善の治療に努めさせていただきます。

外来担当表

診療時間
9:00~12:00
津村
平林
平林
津村
小岩
小岩
平林 小岩 担当医

 

スタッフ紹介

瀧 知弘 瀧 知弘
(たき ともひろ)
部長

MESSAGE

おしっこの悩みや尿路性器の異常は、なかなか相談しにくく、我慢してしまう方がよくいらっしゃいます。お気軽に受診、ご相談いただければ幸いです。
経歴 小牧市民病院
愛知医科大学 泌尿器科 講師
資格
得意分野 排尿障害
尿路性器悪性腫瘍
所属学会 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
日本排尿機能学会
日本癌治療学会
日本Endourology・ESWL学会
日本間質性膀胱炎研究会
理念 患者さん各々にあった医療を心がけます。

津村 芳雄 津村 芳雄
(つむら よしお)
部長

MESSAGE

評価の定まった方法で、安全で確実な治療を目指します。
経歴 名古屋大学附属病院泌尿器科
社会保険中京病院 泌尿器科助手
名古屋大学泌尿器科 文部教官助手
市立磐田病院 外科 医長
刈谷総合病院 泌尿器科 部長
名古屋大学泌尿器科 臨床講師
資格 日本泌尿器科学会 専門医・評議員
得意分野 腎臓から尿道にいたる尿路と男性生殖器の治療
腎臓・膀胱・前立腺の手術
所属学会 日本泌尿器科学会
理念 相手の立場に立って、分かりやすい説明をこころがけ充分納得して頂いたうえで治療を行います。

平林 淳 平林 淳
(ひらばやし あつし)
副部長

MESSAGE

わかりやすい説明を心掛けています。
経歴 三重大学医学部附属病院
三重県立総合医療センター
愛知県がんセンター中央病院
四日市羽津医療センター
名古屋セントラル病院 医長
四日市羽津医療センター 医長
資格 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
AMS社認定PVPトレーナー
(前立腺肥大症レーザー治療)
得意分野 内視鏡手術
レーザー治療
(前立腺肥大症・尿路結石症)
所属学会 日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会
PVP研究会
理念 健康に長生きするための医療を目指しております。

小岩 哲 小岩 哲
(こいわ さとし)

MESSAGE

困っていること、お聞きになりたいことがあればいつでも何でもお聞きください。
経歴 豊田厚生病院
資格 日本泌尿器科学会 専門医
得意分野 内視鏡治療全般
所属学会 日本泌尿器科学会
理念 患者さん、ひとりひとり希望に沿い、ひとりひとりに合った最適な医療の提供を心がけます。

症例数

  2013年 2014年 2015年 2016年
体外衝撃破砕石術(ESWL) 127 164 79 68
経尿道的尿管砕石術(TUL) 7 2 63 72
経尿道的前立腺切除術 28 34 22 4
経尿道的前立腺レーザー蒸散術 0 0 17 36
腎悪性腫瘍手術 4 5 6 5
経尿道的膀胱腫瘍切除術 49 63 79 78
膀胱全摘除術(開腹) 0 1 2 0
前立腺全摘除術(開腹) 2 0 2 0