専門医療分野

婦人科内視鏡センター

センター紹介

微小外科手術 内視鏡下手術は、身体の負担をできるだけ軽減し、その上でさらに効果的な治療を行う手技(体に優しい低侵襲治療)として外科系診療科で広く実施されるようになってきており、現在では婦人科良性疾患のほとんどが内視鏡下手術の適応となっています。
当院の産婦人科では、腹腔鏡下手術はもちろんのこと、粘膜下子宮筋腫や子宮内膜ポリープが適応疾患である子宮鏡下手術も実施しております。今後も多くの患者さまに満足のいく治療を受けていただけるよう、婦人科内視鏡センター(2F婦人科外来内)を開設いたしました。実際に治療が必要な状態であるのか、その治療には薬での治療が良いのか、手術が必要であるのか、手術が必要である場合にどの手術を選択するのが良いのか、その利点と欠点には何が考えられるのか・・・など、常に皆さまとよく相談をして治療方針を決めさせていただきます。

産婦人科

腹腔鏡下手術とは

腹腔鏡下手術とは、おへそと左右下腹部に3〜4カ所の5~12mmの小さな穴を開け、おなか(腹腔内)を炭酸ガスで膨らませて空間を作り、そこから腹腔鏡(筒状のカメラ)や専用の手術器具を挿入し、テレビモニターに映し出される腹腔内の様子を観察しながら行う手術です。
腹腔鏡下手術は傷が小さく目立たないことから、女性の病気を治療する婦人科の手術では多くのニーズがあります。また、術後の回復が早いことから入院の期間が短く済み、早期に手術前の生活に戻れることも、忙しい女性にとって大きな利点の1つです。

腹腔鏡下手術の対象疾患

  • 1.良性卵巣腫瘍
  • 2.子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞)
  • 3.子宮筋腫
  • 4.不妊症
  • 5.異所性妊娠(子宮外妊娠)

特に卵巣チョコレート嚢胞を伴う不妊症に対して、妊娠率向上のために積極的に手術をお勧めしています。
妊娠希望がある場合の子宮筋腫核出術は、術後妊娠時の分娩方法が帝王切開術になること(2つの手術創の部位が異なる)、腹腔鏡下手術では妊娠中の子宮破裂がやや増える報告があることより、当院では開腹術を取り入れています。

腹腔鏡下手術の利点と欠点

【 利点 】
  • 手術の創が小さく、美容面で優れている
  • 術後の痛みが軽減される
  • 早期に食事を開始でき、運動制限が少ないので入院期間が短くなる
  • 早期に社会復帰できる
  • 術後の癒着が少なく、妊娠への影響が少ない
  • 細かい所まで観察できるので、小さな病変に対し有効な治療ができる
【 欠点 】
  • 手術時間が開腹術よりも一般的には長くなる
  • 手術操作が困難で安全に手術を進められない時には、開腹術に変更となる
  • 合併症(腸管・血管・尿管損傷、炭酸ガス塞栓、皮下気腫、深部静脈血栓症など)の頻度が上がる

腹腔鏡下手術

最後にメッセージ

私たちは内視鏡下手術だけを強くお勧めするわけではありません。患者さまに最善の治療(無治療も含めて)を選んでいただけるように十分に説明すること、安全に確実に病気を治すために医療技術を施すことを心がけて診療を行っていきます。いつでも気軽にご相談ください。