専門医療分野

人工関節センター

ごあいさつ

微小外科手術 平成27年4月より、一宮西病院整形外科におきまして人工関節センターを創設させていただきました。
昨今の高齢化社会に伴い、人工関節手術を必要と する患者さま、手術を施行した患者さまの数は増加の一途をたどります。当センターでは、最新の知識、手術手技を取り入れ、質の高いより専門的な医療を患者さまにご提供できるよう努めております。また、人工関節手術以外の治療法についても積極的に取り入れており、個々の患者さまの病態、痛みの程度に応じて的確 な治療法、手術法を選択することを心掛けております。
現在当院では、主に3名の医師が人工関節手術に携わっております。医師のみならず、リハビリスタッフ、設備も充実しており、術後入院中は平日、休日を問わず専属スタッフの施術、指導を受けていただけます。 人工関節センター設立により、医師、リハビリ、看護師、その他関連部署が連携し、より安全で質の高い医療を提供できることと自負しております。

整形外科

人工関節置換術 ~人工の関節に置き換える~

人工関節置換術とは、変形性関節症や関節リウマチ、外傷などが原因となって悪くなった関節の軟骨部分を、金属やポリエチレンなどの人工関節に置き換える手術です。様々な関節に対して行われますが、そのほとんどが膝、股関節に対して行われています。人工関節手術は痛みを和らげ、関節の動きをスムーズにし、日常生活動作をより快適で 質の高いものにするための治療法です。

人工関節再置換術について

微小外科手術 人工関節は、長い年月をかけてすり減ってきたり、緩んできたりします。早い段階では症状はありませんが、進行してくると痛み、不安定性が出てきて、新しい 人工関節にとり換える手術(人工関節再置換術)が必要になります。術後の活動性にもよりますが、現在の人工関節の耐久年数は約15~20年と言われていま す。早い段階では部分的な部品の交換で済むこともありますので、術後は半年~1年毎の定期受診をお勧めします。

同種骨移植について

再置換術の際、関節周囲の骨に欠損部分を伴うことがよくあります。この場合、骨移植が必要になることがあります。たいていのケースでは自分の骨を体の他の 部分から採ってきて移植(自家骨移植)するか、人工骨を用いますが、質的、量的な問題からそれが困難なことが少なくありません。当院では、手術時に不要と なった骨を特殊な処置を行うことにより移植骨として利用できるよう準備しています。もちろん使用できる骨は様々な検査、条件をクリアーできたものに限ります。これにより、今までは困難であった難易度の高い再置換術にも対応できるようになります。