教育制度

教育とキャリアアップ

急性期から老人保健施設まで担っている杏嶺会グループ全体の強みを生かした専門的な教育・施設・設備のもと、看護師としての目標や習熟度、ライフステージに応じた幅広いキャリアの育成を図ります。

教育方針

Specialty Autonomy Humanity

充実の教育・研修システム

1. プリセプター制度

新人看護師にはプリセプター制度により、先輩看護師がしっかりフォロー。

2. eラーニング

看護技術を自宅でも学べるオンラインツールのeラーニングシステムを導入。

3. 院内外の研修

個々のスキルアップを図る院内外研修や講習会への参加を積極的に支援。

看護部教育計画

新人から管理職まで、当院では階層別の教育プログラムを用意し、それぞれの立場で最大級のパフォーマンスが発揮できるよう教育研修を行っています。
有意義な“学びの場”を数多く設け、スキル向上につなげています。

pdfを見る

教育計画

キャリアUPヘの道

新人

● 専門職業人としての基礎づくり

指導を受けながら看護実践を学び、安全なベッドサイドケアの提供を目指します。

● 研修内容

ローテーション研修、看護技術習得、急変時対応、看護過程Ⅰ、看護倫理Ⅰ、医療接遇マナー、フォローアップなど

新人

● 臨床看護実践の独り立ち

患者の個別性を重視した看護過程を学び、知識と実践の統合を目指します。

● 研修内容

看護過程Ⅱ、フィジカルアセスメント、プリセプター研修、看護倫理Ⅱ

新人

● 臨床看護実践の指導者

適切な看護実践とチームリーダーの役割を学びます。また、後輩育成に必要な能力を身につけることを目指します。

● 研修内容

コーチング、マネジメントⅠ、看護過程Ⅲ、看護倫理Ⅲ、看護研究

新人

● スーパージェネラリストナース

卓越した臨床看護実践に加えて、看護単位における教育的役割を学び、モデルとしての行動がとれることを目指します。

● 研修内容

マネジメントⅡ、看護倫理Ⅲ

新人

● 看護単位のリーダー

看護単位のリーダーとして目標を示しながら管理行動がとれ、組織的な役割の遂行を目指します。

● 研修内容

チーム管理、教育、学習研究など

教育制度 一覧へ戻る