看護部7つの特長

看護部長からのごあいさつ

患者さまにとって何が一番か。五感を研ぎ澄ませて考えることから看護が始まります。

  • 看護部長
  • 杏嶺会グループが掲げる「患者さま中心の看護」とは、病気や怪我と向き合いながらも「自分らしい生き方がしたい」と望む患者さまの心に添える看護を、確かな観察眼と知識、技術をもって提供し、患者さまとの出会いの中から看護師として、人間として成長していくということです。

    杏嶺会グループの特徴として挙げられるのは、多くの経験を重ねた後に再就職する看護師が多いこと。そのため、お互いを尊重し合う姿勢や、年齢やキャリアを超えた強い結束が見られます。この特徴を強みと考え、「看護師が生き生きと働き続けられる組織づくり」に重点を置くことにしています。具体的には、ワークライフバランスを考慮した職場環境や、看護師一人ひとりの目標に合わせた教育プログラムの強化です。

    新卒・既卒に関わらず、意欲的な方、思いやりの心を持った方、向上心を持って努力できる方と一緒により良い医療を提供していきたいと考えています。あなたの持てる力を当院でぜひ発揮してください。そして、ともに看護の喜びを見いだしましょう。
    一宮西病院 看護部長 長﨑 功美

看護部7つの特長 一覧へ戻る