患者さまからの声

患者さまから当院看護師へ

ご意見箱 一宮西病院では、患者さまやご家族様にご満足していただける医療サービスをご提供していくために、外来や各病棟にご意見箱を設置しております。そちらにお寄せいただいたお声の中から、看護部に関するものをご紹介します。
これからも、お気づきの点やご意見、ご感想などをぜひお寄せください。

A様より
12日間の入院生活、看護師さん方のおかげで快適に過ごすことができました。どの看護師さんも“とにかく積極的に、何か自分のできることを”という姿勢で、いつも笑顔で応えて下さいました。皆さんの事務的でなく心の通った看護が本当にうれしかったです。

B様より
手術のための入院が3度目の今回も、以前2回の入院同様、看護師さん方は大変気遣いをしてくださいました。入院初日にすぐ病室に来てくださって、顔を見せてくださり、声をかけていただきました。また、時折ベッドに来て様子を聞いてくださったりと、とてもうれしかったです。“想いがなければ行動に移せない”と私は常々思っています。お仕事柄、忙しい時間、“心”がなければこまめに患者さんの所には行けないと思います。“大丈夫ですか?”という一言の声をかけてくださることが患者の私にはとてもありがたかったです。手術に際し、心が折れそうでしたが、励ましていただきました。2週間以上の入院生活になりましたが、何度と心が穏やかになりました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

C様より
過去入院歴がなく、「カテーテル」の言葉も知らない私が、大変不安を胸にして気を落ち着かせようと、検査のことや病気のこと等の不安なところを聞いた時、懇切丁寧に普通の会話に近い親しみのある言葉で説明してくださいました。初対面の私に心を開いて分かりやすく説明してもらい、安心することができました。相手の気持ちを汲み取って、対応することは簡単なことではないと思います。看護師さんの人間力の高さを強く感じました。
このような人をこの病院では育てられているので、立派だなと感謝します。ありがとう。

D様より
いつも笑顔で気遣いの気持ちを忘れず、私の傷の痛みも一緒に感じ取とっていただくような対応に安心感を持ちました。視線も、椅子に座る私に合わせていただき、心温まる思いで治療を受けることができました。ありがとうございました。私自身も社会人として、当たり前のことが身体に身につくよう精進したいと看護師さんの対応に心動かされ、ペンをとりました。笑顔は相手の苦しみを和らげるものですね。

E様より
一宮西病院にお世話になり、1年3ヶ月以上が過ぎました。
その間、数々お世話になっています。めまいをともなう痛みで座っていられない時など、奥のベッドに横にさせていただいたりもしました。
看護師さん方のお仕事をみていると、プロとしての実にきびきびした仕事ぶりにいつも感心いたします。
外来を出る時、仕事をされているのにも関わらず、必ず皆さん「お大事にしてください」と声を掛けてくださいます。
この1年3ヶ月以上変わらずのことです。本当にありがとうございます。