グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > いまいせ心療センター  > 診療部紹介  > 認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センター

センター長ごあいさつ

いまいせ心療センター副院長
認知症疾患医療センター長
水野 裕

認知症疾患医療センターは、愛知県の指定を受け厚生労働省より承認された、認知症についての地域の拠点病院です。ここでは、認知症についてのあらゆる診断、専門的な相談、通院および入院治療を行っています。もの忘れ外来では、認知症についてのあらゆる診断、専門的な相談、通院治療を行っています。また、通院治療が困難な方には、認知症病棟があります。認知症と間違いやすい状態は数多くあります。もの忘れが気になって受診したら、実は心臓の病気や糖尿病が原因だったとか、神経症や精神疾患の一種で治る病気だったなどの経験を非常に多く経験します。また、アルツハイマー病などの認知症だったとしても、いろいろな工夫をして、よい状態を続け、楽しく過ごすことは可能です。認知症対応型グループホーム、デイサービスなどや、入居施設のスタッフの方々も、対応に自信が持てない場合は相談ください。
【副院長・認知症疾患医療センター長 水野 裕(みずの ゆたか)】
日本人で初めて「パーソン・センタード・ケア」の教育資格を与えられた認定トレーナーとして数多くの講演会や研修会をこなすなど、認知症治療とケアの分野の第一人者として活躍。著者に「実践パーソン・センタード・ケア~認知症をもつ人たちの支援のために」(ワールドプランニング刊)がある。

診療内容

認知症にも原因はたくさんあり、それぞれ対応の仕方も違ってきます。たとえば認知症と言われても、早くから適切な治療をすればよりよい状態を続けることができ、家族の介護負担も減らすことができます。だからこそ、ごく初期の段階で、専門医による正確な診断を受けることが重要です。
いまいせもの忘れ外来では、パーソン・センタード・ケアの視点に基き、専門の医師と医療スタッフが、認知症のタイプと進行程度の判断や、精神疾患、身体疾患との鑑別を行い、患者さま、ご家族に当面の方向性を示せるようにしています。ご自分やご家族の「もの忘れ」を心配する方は、お気軽に受診ください。アットホームで笑顔があふれる外来でお待ちしています。

パーソン・センタード・ケアとは

1980年代後半、イギリスのブラッドフォード大学のトム・キットウッド教授が、これからの認知症ケアのあるべき姿として、認知症ケアの現場で働く人たちに示した理念です。そこには、認知症の人たちの持てる能力を引き出すように援助するだけでなく、認知症の人たちと私たちスタッフとの交流の中で、「お互いにわかり合い、尊重しあう」姿、さらに認知症の人たち自身が、「自分たちが周囲に受け入れられ、認められている」ことを常に自覚し、意識する姿が込められています。

パーソン・センタード・ケアの出発点

  • 記憶障害は、他の障害といっしょであり、恥ずべきことではありません。また、それでその人の価値が減じることはありません。
  • ハンディの不自由さに対する援助と同様に、それぞれの人のプライド、誇り、尊厳を傷つけないことを深く考えるべき。
  • 認知症は重度のハンディですが、だからといってすべてをあきらめるのはおかしい。工夫しだいで、まだまだ明るく、楽しく人生をまっとうできるはず。

作業療法

当病棟における作業療法では、様々な活動を通し、生活のリズムを整えたり、気分転換、達成感や自信を取り戻すことなどを目的としています。集団でのプログラムが中心となっています。現在、2名の病棟専属作業療法士が、ご本人のこれまでの人生経験を踏まえるなどして、個々人に合った関わりを大切にしています。
体操皆さんで体を動かしたり、声を出したりしています。体力の維持や、ストレス発散に。
カラオケマイクを手に歌ったり、懐かしの歌に耳を傾けたりして過ごしています。
創作活動季節の貼り絵、毎月のカレンダーや、ぬり絵などをしています。手を動かしながら、季節や昔の話をして過ごしています。
レクリエーション風船バレーや昔の遊び、唱歌など、皆さんで楽しみながら、体を動かすなどしています。

※大人数の中で過ごすよりも、少人数で過ごすことで安心感を得られる方には、医師や看護師と相談し、別途少人数での活動を行っています。

認知症病棟

入院病棟では、パーソン・センタード・ケアという視点に基づき、入院された患者さまとそのご家族が、これからをどう過ごしていくかなど、認知症スタッフみんなが力を合わせ、認知症の人の暮らしを大切にした取り組みを進めています。
入院中は、皆さんでお食事をとっていただいたり、レクリエーション活動をしていただくなど、生活全般にわたる援助を通して、お身体、睡眠、活動などの生活のリズムを整え、お一人お一人のライフスタイルに合った形で、生活できるよう努めています。また、その患者さまに対して、本当に安定剤や睡眠剤が必要なのか、いちから振り返り、ご本人の最も良い状態を引き出す環境調整を行っています。さらに、退院されてからも関連施設との連携を取り合い、患者さまが自宅または施設など、地域で生活できることをめざしています。

退院前には可能な限り、患者さま、ご家族、ケアマネージャー、相談員、看護師等によって、患者様さまの退院後の生活について、具体的な生活レベルであらゆる場面を想定し、退院後の予定、利用するサービスの調整を行っています。

こんなとき 認知症疾患医療センターにご相談ください

  • 認知症について、一体どこに相談していいのかわからない?
  • 最近、もの忘れが増えてきた気がするけど、ひょっとしたら…?
  • 成年後見制度の内容や、利用の仕方がよくわからない。
  • 家で世話をすることになったけど、上手くできるか心配。介護のコツを知りたい。
  • デイサービスで対応が困難だといわれてしまった。どうしよう…?
  • 夫が若年性認知症と診断された。小さな子供を抱えて、これからの生活をどうしよう?

相談室のご案内

相談内容に応じて、専門の機関・人と連携します。
対象ご本人、ご家族、ケアマネージャーなど
相談内容認知症に関する相談全般
※幅広く、生活問題・家族間の問題等について相談に応じます。
費用相談は無料です。
開設時間月曜日~金曜日 8時30分~17時20分
相談方法電話、面談相談
相談場所いまいせ心療センター内 認知症疾患医療センター

地域認知症検討会

地域認知症検討会を毎月開催しております。こちらをご覧ください。

お問い合わせ先

出来るだけ待ち日数・待ち時間を少なくしたいと考え予約制をとりいれています。
電話でのご連絡・お問い合わせ先
認知症疾患医療センター(いまいせ心療センター内) 専用電話: 0586-80-0647
※専用電話がつながりにくい場合は、代表電話におかけください 代表電話: 0586-45-2531

※電話のみ24時間受付可

FAX連携のご案内

もの忘れ外来では、地域の医療機関との連携をすすめ、FAX予約システムを導入しています。
地域の病院・診療所で認知症の相談があった場合、受診日を決定して、ご連絡差し上げています。
FAXでのご連絡・お問い合わせ先
認知症疾患医療センター(いまいせ心療センター内) FAX: 0586-44-7411(代表)

「患者・家族の会」のご案内

名称ひまわりの会
日時毎月第2木曜日 14時00分~15時30分
場所いまいせ心療センター内
内容患者さまのグループと分かれて話しをします。ご家族のグループは、ご家族の困っていることや、社会資源の利用方法などを話し合います。

名称えがおの会
日時毎月第3火曜日 15時30分~16時30分
場所いまいせ心療センター内
内容患者さま、ご家族さまとスタッフがともに体を動かし運動しています。(卓球・ボーリング・散歩など)

スタッフ紹介

水野 裕(みずの ゆたか)
いまいせ心療センター副院長
認知症疾患医療センター長

【メッセージ】
頭部CT、MRIだけで認知症の診療はできません。まずは、ご本人の悩み、不安に向き合うことから始めるべきだと思っています。
出身大学鳥取大学 昭和62年卒
経歴1989年 名古屋大学医学部附属病院精神科医員
1993年 愛知県立城山病院第一診療科医長
1996年 愛知県立城山病院ものわすれ外来担当医
2001年 認知症介護研究・研修大府センター研究部長
2004年 一宮市立市民病院今伊勢分院 老年精神科部長/認知症疾患センター長
2008年7月より、現職(認知症介護研究・研修大府センター客員研究員兼務)
資格精神保健指定医
医学博士
日本老年精神医学会専門医・指導医
介護支援専門員
「パーソン・センタード・ケアとDCM」上級トレーナー
Strategic Lead Japan
(パーソン・センタード・ケアを各国に広めるための日本国の代表)
【学会委員等】
日本老年精神医学会:評議員日本認知症ケア学会
【評議員】
認知症ケア専門士認定委員会委員
生涯学習委員会委員(東海地域部会委員長)
学会あり方委員会委員
ケア専門士あり方委員会委員日本成年後見法学会
制度改正研究会委員
高次脳機能障害研究会委員
得意分野初老期、老年期に起きる精神的な諸問題
(特に認知症など)
所属学会International Psychogeriatric Association
日本高齢者虐待防止学会
日本神経病理学会
日本認知症学会
日本認知症ケア学会
日本老年医学会
日本老年精神医学会
日本成年後見法学会
日本司法精神医学会
日本医事法学会
日本精神神経学会
理念認知症をあきらめない。
認知症と共に生きる人たち
(ご本人、ご家族、ケアスタッフ…)の支えになる。
メッセージ頭部CT、MRIだけで認知症の診療はできません。
まずは、ご本人の悩み、不安に向き合うことから
始めるべきだと思っています。

鎌倉 理人(かまくら まさと)

【メッセージ】
ご不明な点などございましたら、お気軽にご相談ください。
出身大学藤田保健衛生大学 平成19年卒
経歴岐阜病院
岐阜大学医学部附属病院
所属学会日本精神神経学会
理念安心して医療を受けていただけるよう、努めてまいります。
メッセージご不明な点などございましたら、お気軽にご相談ください。