グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 病院からのお知らせ  > 上林記念病院に最新型リハビリ用医療機器、続々導入!!

上林記念病院に最新型リハビリ用医療機器、続々導入!!

三次元動作解析装置『キネマトレーサー』導入!

人間の動作を三次元的にコンピューターに取り込んで、数値化・見える化を実現する装置で、近年では、スポーツでの動きの比較や、リハビリテーションにおける回復過程の診断や評価などに用いられます。また、筋電図測定装置との併用により、客観的・具体的にリハビリの効果を測定し、分析ができます。リハビリの効果を”見える化”することで、患者さまの意欲向上に繋がります。
免荷式リフトPOPO(ポポ)導入!

リフト機能で安全に立ち上がり、免荷機能で負担を軽減して歩行することが出来る歩行訓練器です。転倒するリスクを減らし、意欲的に歩行訓練に取り組むことができます。

[適応症例]
・脳卒中後の片まひの方
・足の骨折後の荷重制限のある方
・変形性の関節疾患があり歩行に痛みを伴う方
・足の筋力低下に伴い歩行に不安のある方など


これまでにない歩行訓練を実現し、立ち上がって歩行することへの「不安」と「負担」を軽減します。