グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 上林記念病院  > 企業メンタルヘルス事業部  > サービスのご案内

サービスのご案内

ストレスチェック

①ストレスチェックの実施
 →オリジナルストレスチェック調査票を使用しストレスチェックを実施します。
②臨床心理士による面接の実施
 →ストレスチェックの実施後、ストレスチェックの値が高い方全員と、臨床心理士・精神保健福祉士が面談(電話、メール、来院)します。その後、『高ストレス者』と判定され、希望された方に医師面接を実施します。

当法人のストレスチェックの特長

1、企業様に合わせたストレスチェック
事前に十分打ち合わせを行い、質問紙や高ストレス者の基準などだけでなく、企業様のご要望にも柔軟に対応します。また、厚生労働省推奨の「職業性ストレス簡易調査票」に改変した当院オリジナルの「質問票」を用い、ストレスの程度を多方面(量と質)から測ります。

2、専門家による聞き取り
数値が高ストレスであった場合、臨床心理士や精神保健福祉士といった専門家が介入することで、より的確に『高ストレス者』を判定することが出来ます。

3、医師面談までトータルサポート
『高ストレス者』と判定された従業員の方が医師面談を希望する場合、当院の精神科産業医の面談を受けることが出来ます。

4、アフターフォロー
ストレスチェック後、診療が必要となった場合においても「働く人外来」にて医療サービスを提供することが出来ます。また、休職となった場合においてもリワーク「自立支援センターほっぷ」と連携し復職までフォローすることが出来ます。

5、従業員様の声を聴く集団分析
質問票同様、独自の集団分析を実施します。制度上は努力義務となっておりますが、個人の意見を反映するだけでなく、部署毎のストレス値を計測する事で、環境改善の新たな一手を打つ事が出来ます。

6、個人情報管理の徹底
企業様の個人情報は健康情報と捉え、診療録同様に管理させて頂きます。

<光トポグラフィー検査>
当院ではうつ病鑑別診断に光トポグラフィーも利用できます。光トポグラフィーは、うつ病を客観的に診断する先進医療技術で安全な近赤外光で主に大脳の血流を測定して、健常、うつ病、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症をそれぞれ判別する検査です。検査前の問診と検査結果から総合的に診断します。

企業メンタルヘルス事業部担当医師 古井 景(ふるい ひかり)
【経歴】愛知淑徳大学心理学部心理学科 大学院心理学研究科教授
【資格】精神保健指定医、臨床心理士、日本精神分析学会 認定精神療法医、
    日本産業精神保健学会 産業精神保健専門職、日本精神神経学会 専門医

ストレスチェックの流れ

お申込み

ストレスチェックのお申込みは随時受付中!!
【問い合わせ先】
社会医療法人杏嶺会 上林記念病院 企業メンタルヘルス事業部
TEL:070-6588-9343 FAX:0586-61-5639
【問い合わせ時間:9:00-17:00】