グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 上林記念病院  > 活動と取り組み  > 行動制限最小化委員会

行動制限最小化委員会

非自発的入院の患者さんの行動制限について、患者個人としての尊厳及び人権に配慮しつつ、行動制限を必要最小限のものにすることを目的としています。入院患者さんの処遇(隔離、身体拘束、その他の処遇)において、精神保健福祉法を遵守し、できる限り最小化できるよう活動を行っています。
具体的には、委員会でのケース検討や処遇改善への提言、法的手順の確認、新聞報道による行動制限にまつわる事故検討などを行っています。また、行動制限最小化に関する職員教育活動も行っています。