グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 上林記念病院  > 活動と取り組み  > NST(栄養サポートチーム)の紹介

NST(栄養サポートチーム)の紹介

医療を行なう重要な基盤として入院患者さんをはじめ外来患者さんへの栄養管理があります。栄養の管理は患者さんの身体の健やかな生活を支えることはもちろん、栄養は褥瘡(じょくそう)、感染症などと密接な関係があり、患者さんの入院期間、生存率などに大きな影響を与えます。

また十分に栄養が摂ることが出来ない患者さんをそのまま放置しておくことは、人道的にも望ましくありません。
現在、患者さんの栄養管理として、医師、看護師をはじめ管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、リハビリテーションスタッフ、ソーシャルワーカーを交え、栄養サポートチームとして、それぞれ知識や技術を持った、いくつかの専門職のメンバーが自由に意見を述べ協力して、栄養のサポートを行なっています。

NST(栄養サポートチーム)(※)は、褥瘡対策チーム、感染対策チームなどとともに、非常に大切なチーム医療のひとつで、より一層その必要性が高くなっています。

※ NST・・・「Nutrition Support Team」の頭文字をとった略称
Nutrition=栄養、栄養摂取(補給)


当院NSTの活動内容

  • 入院時に患者さんの栄養状態を把握し、評価を行ない、低栄養な患者さんを早期発見するスクリーニングを病棟看護師とともに行います。これは医師による問診と身体計測、血液データなどで行います。
  • 1ヶ月に1回NSTカンファレンスを行ないます。栄養剤、中心静脈栄養の使用量、感染症、褥瘡患者さんの推移など栄養に関する院内のデータチェック、症例報告、症例検討を行ないます。
  • 毎週1回各病棟の回診を行ないます。回診前に抽出した低栄養患者さん約20名をベッドサイドで診察します。また主治医、病棟看護師から依頼があった栄養に関する問題点を検討します。

スタッフ構成

NST栄養サポートチームは、医師1名、看護師6名、薬剤師1名、管理栄養士1名、臨床検査技師1名、リハビリテーション科スタッフ3名、事務1名の合計11名で構成されています。

NST栄養サポートチームのメンバーに対する教育

病棟での回診時に患者さんの栄養状態に関するデータが読め、各患者さんのストレス、活動力に応じた必要栄養量が求められること。また栄養剤の特徴、投与法や合併症に対する対応、摂食嚥下機能訓練の適応などを周囲のスタッフとともに検討できる知識、態度を身につけています。
なお、これらのスキルは、病棟回診での意見交換、カンファレンスでの各部署からの発表等で養っています。

今後の展望と展開

上林記念病院NST栄養サポートチームは、これからも患者さんの栄養に関わる様々な問題に関与し改善することを目標にします。またチーム医療を重視し、オープンに意見が述べることができる場にしたいと思います。
これからも、患者さんの病状の一日でも早い回復と、心身とも健康になるべく栄養サポートができるよう努めてまいります。

平成23年8月
浅野 賀子
(社会医療法人杏嶺会 上林記念病院 栄養科 主任)