グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




治療について

心理療法

お子さまのこんなところ心配されてませんか?

 ・友達と上手く関われない
 ・不安や緊張が高い
 ・落ち着きがない
 ・こだわりが強い
 ・学校に行けない
 ・外では一言も話せない
 ・チック           ・・・など

当センターでは、専門の医師・コメディカル・心理士など他職種が1チームとなり、お子さまの診断と治療に
取り組んでいます。お子さまの心理検査やプレイセラピー、カウンセリングを中心に、必要に応じて保護者の方に対し子育て相談など行います。

作業療法

お子さまの極端な不器用さに困っていませんか?
お子さまの姿勢や動作のぎこちなさに困っていませんか?

・道具(スプーン・鉛筆・箸など)の使い方が拙い
・描画が苦手または避ける
・文字バランスが悪い        

・転びやすい
・歩き方や走り方がぎこちない
・スキップができない
・固定遊具遊び(ジャングルジム・ブランコなど)を避ける
・座位姿勢が崩れやすい



当センターでの作業療法は、医師の処方に基いて行われます。
特定の治療理論にこだわらず、個々に適した治療プログラムを提供いたします。

言語療法

お子さまの「ことば」について心配されていませんか?

 ・ことばが遅い
 ・発音がハッキリしない
 ・お友達と一緒に上手く遊べない(ごっこ遊びなど)
 ・話すときにどもってしまう      ・・・など

当センターで行う発達障害領域の言語療法は、ことばの発達に関して広い分野の知識と技術を持つ言語聴覚士が医師の処方に基いてプログラムを行います。

ペアレント・トレーニング

発達障害のこどもにとって、親自身の不安やストレスを軽減することは重要なことです。また、療育などの特別な場で専門家がこどもへの療育を行うだけでなく、親自身がこどもの子育てに必要な知識や技能を学び、身に付けることで家庭など生活の場においてより効果を高めることができます。

ご興味をお持ちの保護者の方、または医師からペアレント・トレーニングを勧められた方はご相談ください。