グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




薬剤科

科長 郷民生

上林記念病院 薬剤科スタッフは杏嶺会理念の「街と人が明るく健康でいられますように」をモットーに患者さんの立場に立った医療を常に心がけ、薬物療法を受ける患者さんの有効性と安全性を確保するために、医薬品の適正使用に努めています。


業務紹介

調剤業務
入院患者さんの調剤を行なっています。処方箋の内容が適正であるかの確認(薬の量、飲み合わせ、飲み方など)を行なった後、その処方箋に基づき調剤します。そして、すべての薬剤は、調剤を行なった薬剤師とは別の薬剤師が処方箋どおりに調剤されているかの確認(ダブルチェック)を行なった後に皆様にお薬を交付しています。

注射剤調剤業務
注射剤は、入院患者さん毎の処方箋に基づいた、注射薬セットを行なっています。処方内容が注射薬の決められた適応や投与量・方法が正しいか、2種類以上の注射薬を混合しても問題ないかなどを事前にチェックし、患者さん毎に必要な数を取り揃えてセットを行なっています。

薬剤管理指導業務
入院患者さんが服用する薬について、薬の作用や副作用の初期症状などを患者さんに分かりやすい言葉で説明し、患者さん自身が薬のことをよく知ってもらえる指導を行なっています。
また、他の薬との相互作用や副作用などが現れていないかのチェックを行ない、患者さんに適した薬の用量、適した薬の種類を選択していただ けるように医師と相談することを行なっています。
入院された際には、他の診療機関から持ち込んだ薬も薬剤師がチェックして必要な情報を医師へ提供しています。
患者さんへの説明・指導のほか、医師や看護師からの質問にも対応し、患者さんの治療が安全に行なわれるよう薬剤師として専門的な治療を活かして、医師・看護師と共に活躍しています。

製剤業務
治療に必要な薬であっても市販されていない製剤はいくつもあります。医療現場のニーズに応えていくつかの院内製剤を調製し供給しています。

薬品管理業務
病院で使用される医薬品の過剰在庫を避け、必要量の在庫を確保しています。医薬品の購入と保管、さらに各部署への供給と一貫した管理を行なっており、特に品質管理には、より安全に患者さんに使用できるよう心掛けています。

チーム医療への参画
栄養サポートチームや医療チームの一員として薬剤師の職能を発揮しています。