グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 上林記念病院  > 中央診療部紹介  > 心理療法科

心理療法科

患者さんと一緒に考え自己治癒能力高めていきます

上林記念病院 心理療法科では、外来および入院患者さんを対象に、臨床心理士による心理療法や心理検査を実施しています。

心理療法とは、問題を抱えている人の個人的・心理的な問題を解決することを目標にするもので、ある程度の長い期間を必要とする場合が多いです。言語的、非言語的な方法を用いて患者さんの心のバランスを整えていくものと思っていただいてもよいでしょう。具体的な方法としては、カウンセリング、(認知)行動療法、交流分析、自律訓練法、箱庭療法などが挙げられます。

基本的に人間には自己治癒力というものがあります。一緒にお付き合いさせていただく中で、この自己治癒力を引き出していくことが大きな目標となります。


心理検査

検査の目的は患者様のその時の状態を客観的に把握し、治療に生かすため、もしくは社会資源、制度利用の手続きに使用するなるためなど様々です。検査結果は検査を受けられる方にとって有益となるよう用いられます。

知的能力や発達のバランスを把握するためのもの、人格特性と症状・病態の関連を検討するためのものなど検査の種類も様々です。

検査結果の使用目的や把握したい内容などによって、用いられる検査の選択や実施については、より慎重に行うことを心がけています。

対象疾患

当院、精神心療科の患者様を対象に、医師からの指示・依頼を受けて行います。