グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 上林記念病院  > 中央診療部紹介  > 作業療法科

作業療法科

患者さんと一緒に考え、自己治癒能力を高めていきます

当院作業療法科では、入院中の患者さんや外来通院中の患者さんが、作業療法を通じて生活のリズムを整えたり、興味のもてる活動を発見するための援助をしています。
外来の方でも、作業療法室で気軽に作業療法を受けることが可能です。内容は、少人数制の中で作業療法室を共有して、各々に目標を持った過ごし方をします。


作業療法科の作業療法ってなに?

精神障害の作業療法は、精神疾患により生活に障害をもった方々に対し、個別あるいは他の人たちとの関わりや、具体的・現実的な作業活動(遊び、創作的なものから日常生活に関連することまで)を利用し、精神機能の向上、対人関係能力の改善、作業能力の改善などを図り、その人にとってのより良い生活が送れるように指導、援助を行います。

対象疾患

統合失調症、うつ病、そううつ病、神経症、てんかん、薬物依存症、認知症、その他

プログラム内容

  • 創作活動 革細工、木工、絵画、陶芸、園芸、手芸など
  • 軽スポーツ ストレッチ、ウォーキング、ゲートボール、卓球など
  • 集団活動 レクリエーション、模擬喫茶、カラオケなど
  • 教養活動 生活技能訓練(SST)、心理教育、外出訓練など
  • その他 お花見など各種季節行事