医療型障がい児者入所施設 一宮医療療育センター

概要

コンセプト

一宮医療療育センターは、尾張西部地区初の医療型障がい児者入所施設です。平成28年1月に開設した後は、愛知県心身障害者コロニーこばと学園の利用者さまの地域移行による入所の受け入れを行います。その後、地域の方々の入所受け入れを行います。今回の施設のコンセプトは以下の通りです。

  1. ①重症心身障がい児者を対象とする。
  2. ②入所生活にメリハリをつけるために、日中をリビングで過ごす。
  3. ③機能訓練(リハビリテーション)に注力する。
  4. ④ご家族と過ごす時間を重要視(外出や外泊の促進)。
  5. ⑤ご利用者さまのニーズに基づいた個別支援計画を立案し実行する。
  6. ⑥在宅生活支援としての短期入所を充実させる。

理事長挨拶

社会医療法人杏嶺会は、愛知県一宮市を拠点に、急性期医療から在宅支援まで一貫した医療で地域社会に貢献できるよう努力してまいりました。私もその一員として20年余り、地域医療・地域介護に携わってまいりました。

平成26年7月、愛知県さまの福祉に対する熱い思いや、地域のニーズにお応えするべく、これまで尾張西部医療圏に存在しなかった“重症心身障がい児者入所施設”を開設するため、新たに社会福祉法人杏嶺会を設立しました。私どもにとって障害福祉施設を本格的に開設するのは初めてですが、地域医療に携わってまいりました経験を活かし、皆さま方よりご指導・ご意見をいただきながら、一歩一歩進んでまいりたいと考えております。

私たちは、障がいを克服することだけに力を置きすぎることなく、障がいがあっても前向きで広がりのある心豊かな生活を送っていただけるよう、「健康を守り生活を支える医療」、「生活の充実のためのリハビリテーション」、「個性を重んじ人権を尊重した医療」、「開かれたサービス」を指針としています。ご家族さまへの支援も重視し、学校、通園施設、訪問看護ステーションや地域医師会との連携による地域支援の充実にも、積極的に取り組んでまいります。

尾張西部医療圏初となる医療型障がい児入所施設「一宮医療療育センター」は、重い障がいを持つ方々やご家族さまに安心してご利用いただける施設となるべく、職員一同努力してまいります。私自身も、地域の障がい福祉について引き続き勉強を重ね、皆さま方との対話を大事にしながら、人生の早い時期から障がいを持つお子さんや成人の方々、そしてそのご家族さまを支える存在であり続ける所存でございます。

社会福祉法人杏嶺会
理事長 上林 公子
(かみばやし きみこ)

センター長挨拶

一宮医療療育センターは、ここで働く各職種からの視点を複合的にまとめ、チームとして、より良い医療、療育をめざします。常勤の医師は、それぞれ専門分野をもっておりますが、必要に応じて隣接の尾西記念病院医師の協力が常に得られるようになっています。
重症心身障がい児者の医療、療育、サポート体制につき、ご利用者とご家族の意向をふまえ、より満足して日々すごしていただけるよう努力いたします。

一宮医療療育センター長  中島 務 (なかしま つとむ )

【略 歴】
1974年  名古屋大学医学部卒業
1997年  名古屋大学耳鼻咽喉科教授
2015年  一宮医療療育センター長
【現 在】
耳鼻咽喉科学会専門医
気管食道科学会専門医

施設概要

[施設名]
一宮医療療育センター
[設置主体]
社会福祉法人杏嶺会
[開設]
平成28年1月
[所在地]
〒494-0018 愛知県一宮市冨田字流筋1679番地2
[連絡先]
社会福祉法人杏嶺会 一宮医療療育センター 
Tel.0586-62-0002/Fax.0586-62-2277
[事業内容]
医療型障害児入所施設、療養介護、短期入所
[定員]
入所 120名(短期入所含む)

page top