グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



急性期リハビリテーション


ホーム > 尾西記念病院 > 中央診療部紹介 > リハビリテーション科 > 急性期リハビリテーション

急性期リハビリテーションとは

病気や怪我の直後の、疾病管理、リスク管理を十分に行いつつ、早期にリハビリテーションを提供し、身体機能、日常生活動作の向上、安静により生じる廃用症候群(筋力が低下する、関節が硬くなる、心肺機能が低下するなど)の予防を目的としています。また、生活環境の整備、社会参加の促進、介護負担の軽減を図り、自立生活を支援していきます。

対象となる疾患

脳血管疾患など
脳梗塞、脳出血、くも膜下出血等の後遺症、頚髄損傷、神経疾患、手術後、肺炎後の安静により生ずる廃用症候群、脳性麻痺など

運動器疾患
変形性股関節症に対する人工関節全置換術、変形性膝関節症、下肢骨折、大腿骨頚部骨折、膝蓋骨骨折、下腿骨折、足関節骨折、膝・足関節靭帯損傷、アキレス腱断裂、胸腰椎圧迫骨折、橈骨遠位端骨折、手指腱断裂術後、肘関節骨折、腱板断裂術後、上腕骨近位端骨折など

呼吸器疾患
慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎、誤嚥性肺炎など