グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



回復期リハビリテーション


ホーム > 尾西記念病院 > 中央診療部紹介 > リハビリテーション科 > 回復期リハビリテーション


回復期リハビリテーション病棟とは

回復期とは、脳血管疾患や骨折の手術などの急性期の治療を受けて、病状が安定し始めた状態のことをいいます。この回復期に在宅復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に行う専門の病棟のことを回復期リハビリテーション病棟と言います。
当院の回復期リハビリテーション病棟では、医師をはじめソーシャルワーカーなど多職種スタッフで構成したチームでカンファレンスを行い、患者さまの状態に合わせたアプローチを行います。そして歩行や食事や排泄、更衣、入浴などの日常生活の動作を改善するためのリハビリプログラムを組み、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師が共同でリハビリを提供します。

他に家族面談や帰宅訓練などを行い、在宅復帰を目指してご家族の方にも関わっていただきます。また、入院生活すべてが リハビリテーションの環境と考え、スタッフは援助を行います。

対象となる疾患

回復期リハビリテーション病棟へ入院するには下記のように、病名および病気・怪我を発症してからの期間が決められていますので、これに該当する方が入院できます。
  • 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後の発症後2ヶ月以内の状態
  • 大腿骨、骨盤、脊髄、股関節、膝関節の骨折の発症後2ヶ月以内の状態
  • 外科手術または肺炎等の治療時の安静により、寝たきりになった患者様で手術後または発症後2ヶ月以内の状態
  • 大腿骨、骨盤、脊髄、股関節の神経、筋、靭帯損傷後1ヶ月以内の状態

当院の回復期リハビリテーション病棟の特徴

<365日体制のリハビリテーション>
早期の機能回復・動作獲得に向け、土、日、祝祭日、年末年始を含め、毎日リハビリテーションを提供します。

<在宅復帰に向けた家族へのサポート>
当院では回復期リハビリテーション病棟に入院している期間は患者さまとそのご家族が向き合う場と考えています。ご家族が主体的となって在宅復帰に向けて取り組めるように医師、看護師、介護スタッフ、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカーが一緒になって考え支援をしていきます。

<同法人内にある介護サービスとの連携>
退院後に同法人あるいは院内に併設されている介護保険相談センターや訪問看護ステーション、通所リハビリテーションなどと連携した介護サービスを利用できます。

施設基準

  • 回復期リハビリテーション病棟入院料(93床)
  • リハビリテーション充実加算
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

入院までの流れ

入院についてのご相談から実際の入院までは以下のようになっております。入院を希望される方はまずは現在ご入院先のソーシャルワーカーにご相談ください。その他、ご相談やご不明な点は問い合わせ先までご連絡をお願い致します。また、病院見学も受け付けています。

回復期病棟の取り組み

入院時オリエンテーション

入院に際して、病棟での過ごし方などの説明をいたします。リハビリの目標設定のため、入院後1週間以内に、病院スタッフがご自宅に訪問して、生活環境の確認を行います。

家族面談

医師、看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー立会いのもと、退院に向けたリハビリ目標を決定します。

外出訓練

リハビリスタッフと一緒にご自宅へ外出します。退院後の生活に向けて介助方法や住宅改修のアドバイスなどを行います。

中間報告

外出訓練の結果も踏まえ、今後のリハビリの説明、環境調整、介護保険サービスの調整、介護指導などを話し合います。

退院前訪問(住宅改修)

リハビリスタッフ立会いのもと、手すり設置などの住宅改修のため、退院前訪問を行います。住宅改修完了後は外出泊をしていただき、不安を取り除いた状態で退院を迎えていただきます。

退院前会議

医師、看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカーに加え、介護保険サービスに関するケアマネージャー、デイサービススタッフ、ホームヘルパー、住宅改修業者なども立会いのもと、退院への最終確認を行います。

診療実績(H29.1.1~H29.12.31)

1.患者さまの疾患別割合

当院回復期病棟にはどのような疾患を持った患者さまが多いのでしょうか?

2.入院元と退院先

患者さまはどこの病院から当院回復期病棟へ転院してくるのでしょうか?またどこへ退院されるのでしょうか?入院元と退院先を示します。

一宮市民病院や一宮西病院からのご紹介が多いです。
名古屋市や岐阜県など、遠方からも多くご紹介を頂いております。

[その他の内訳]

《一宮市内》
大雄会病院、泰玄会病院、千秋病院、渡辺外科、老人保健施設みなみ、みやび整形外科、まびき整形外科、なかしま整形外科クリニック、きはしクリニック、かとうリウマチ整形外科、上林記念病院、いまいせ心療センター、当院一般病棟

《愛知県内市外》
稲沢厚生病院、稲沢市民病院、津島市民病院、江南厚生病院、春日井市民病院、海南病院、小牧市民病院、名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院、名古屋医療センター、名古屋大学病院、名古屋市総合リハビリセンター、愛知医科大学病院、坂文種報徳會病院、中部労災病院、厚生連知多病院、名鉄病院、岡崎市民病院、小嶋病院、日進おりど病院、安藤病院、中京病院、藤田保健衛生大学、刈谷豊田総合病院、米田病院、小西整形外科病院、宮崎外科、聖霊病院、名古屋徳州会総合病院、西尾市民病院

《県外》
羽島市民病院、大垣市民病院、岐阜県総合医療センター、岐阜市民病院、岐阜大学病院、村上記念病院、中津川市民病院、美濃病院、鷲見病院、高山赤十字病院、彦根市民病院、京都医療センター、伊勢赤十字病院、西宮敬愛会病院、長野赤十字病院、群馬大学病院、北野病院、川崎市立病院、岩国医療センター、松波総合病院、前橋中央病院、四日市市民病院、飯田市民病院、石川県立中央病院、兵庫医科大学ささやま医療センター、中濃厚生病院、日下病院、桑名西医療センター、埼玉医科大学国際医療センター、三田市民病院、鈴鹿回生病院、下呂温泉病院、伊那中央病院、旭川医科大学、諏訪中央病院、鈴鹿中央総合病院、長野県立木曽病院、長浜赤十字病院、山内ホスピタル、長野厚生連北信総合病院、済生会松坂総合病院、市立恵那病院、珠洲市民病院、長浜赤十字病院、東戸塚記念病院

H21.4.1~H30.3.31


退院先病院(当院)

退院先病院(全国)

3.1日のリハビリ単位数(1単位=20分)

一日の患者さまに対するリハビリ時間を表します。当院では365日体制を整え切れ目なく質の高いリハビリテーションを提供しています。

1日平均の患者さまに対するリハビリ時間が多いことがわかります。リハビリ時間を多くかけることで改善度が上がるといわれています。