グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外来リハビリテーション


ホーム > 尾西記念病院 > 中央診療部紹介 > リハビリテーション科 > 外来リハビリテーション

外来リハビリテーションとは

さらなる日常生活動作の向上をめざすため、入院リハビリテーションから継続して、もしくは他院からの紹介などを通じ、目標を設定してリハビリテーションを行います。
また、首、肩、腰等の痛みに対して、マッサージや電気、牽引などの器具による物理療法を行い、筋肉の緩解や血行の改善により痛みの緩和をします。なお、当院ではホットパック、低周波・干渉波治療、マイクロウェーブ、過流浴、牽引(腰・頚部)による物理療法を行うことが可能です。

外来のリハビリテーションを受けるには?

医師の指示が必要です。当院のかかりつけの医師、あるいは整形外科、リハビリテーション科職員までご相談ください。
また、外来リハビリテーションは医療保険でなされます。そのため、介護保険と併用できない場合もありますので、介護保険を利用されている方は、リハビリテーション科職員までご相談ください。

対象となる疾患

主に脳血管障害(脳梗塞・脳出血)やパーキンソン病のような神経疾患、腰痛、肩関節周囲炎、骨折や変形性関節症、リウマチと言った整形外科的疾患の方を対象としています。また、退院後のリハビリにおいても積極的に対応をしています。