グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



2階病棟[一般病棟44床]


ホーム > 尾西記念病院 > 看護部紹介 > 各部署のご紹介 > 2階病棟[一般病棟44床]

ここは在宅復帰を目指す患者さんの治療や生活の場です

2階病棟は、44床の一般病棟です。急性期の治療を受けた後、症状の改善はしつつも外来に通院しながら経過を見ていくには症状が不安定な患者さんが、リハビリや医療を受けながら在宅での生活を安心しておくれるよう支援しています。また継続した医療・看護行為が必要な方や脳血管疾患・廃用症候群によりADL※が低下し、自宅での療養が困難な患者さんには、状態にあった施設への支援も行っております。患者さんをはじめ、ご家族が健やかに日常生活を送れるよう医師・看護師・看護助手・医療福祉相談員・リハビリテーションのスタッフがお互い連携をとり一丸となって次の生活の場へつないでいく為に全力でサポートしています。

※ADLとは日常生活を送るのに最低限必要な、日常的な動作のことで、寝起きや移動、トイレや入浴、食事、着替えのことなどのことを言います。Aは(Activity)アクティビティーで動作、DLは(DairyLiving)で日常生活のいろいろな動作です。

2階病棟

対象疾患
・肺炎や心不全に罹患してしまった方
・食欲不振により脱水となってしまった方
・脳血管疾患によりADL(日常の生活を送るために必要な基本動作)が低下してしまった方
・腰椎圧迫骨折、大腿頚部骨折後の方