グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




第4回 心臓病の信号は


ホーム > 病院紹介 > 健康のつボ! > 心臓病について③ > 第4回 心臓病の信号は

(小高)
水曜日のこのコーナーは『健康のつボ~心臓病について~』。日本人の死因の第2位の心臓病について専門の先生のお話を伺っております。今日も一宮西病院・循環器内科部長でハートセンター副センター長の寺本智彦先生に来ていただきました。先生、よろしくお願いします

(寺本)
よろしくお願いします。

(つボイ)
私と小高は心臓に病を持つ人間なのでどうにもコーナーを楽しみでやっておるんですが、私なんかは心筋梗塞で、明け方ぐらいにグーッと胸が痛みまして、だんだん痛みが強くなっていきました。

(小高)
めちゃくちゃ痛かったんでしょう?

(つボイ)
めちゃ痛かった。それで病院に駆け込んで、私としては本当に「突然発症したな!」という気がするんですけれども、先生、これはあらかじめ色んな予兆や前兆はあるんですか?

(寺本)
ある方もいらっしゃいますが、ない方も珍しくないと思います。

(つボイ)
なかったのか、気がつかなかったのか…。

(寺本)
そうですね。患者さんからよくよくお聞きすると「あ、そういえば…」ということもあるのですが。

(小高)
例えばどんな前兆があるんですか?

(寺本)
典型的なのは、例えば通勤の途中に家から駅まで歩いていって、電車に乗ろうとして駆け込んだ瞬間に『胸がグーッと圧迫されるように重苦しく感じる』とか。

(小高)
ありました?

(つボイ)
無かった。

(寺本)
あとは、最近『肩こりがひどくなった』とかですね。

(つボイ)
肩こりは前からあったからなぁ。

(寺本)
心筋梗塞を起こされた方の10人中3人ぐらいは、「最近とにかく肩こりがひどかった」と言われています。

(つボイ)
へぇ~。他にもどこかに出る症状はありますか?

(寺本)
そうですね。あとは『胃のもたれ感』とかです。胃もたれがひどくて胃カメラ検査を受けたけれど「全然問題ないですよ」って言われたんだけど・・・という方もいらっしゃいます。

(つボイ)
あ、私の友達がそうだったんです。私は胸が痛くてすぐに病院に行きましたが、友達の場合は「なんだか胃がおかしいから、胃薬飲んで、明日か明後日ぐらいに病院に行こう」で、実はそれが心筋梗塞で亡くなってしまいました。

(小高)
心臓の病気だから心臓が痛くなるのかと思いきや、胃とか心臓じゃない部分に痛みを感じる方もいるんですね。

(寺本)
これはですね、心臓の血管の中の「右冠動脈」という心臓の右側にある血管が、胃のそばを走っているんです。なので、そこが狭くなっていたり詰まったりしたときの症状を胃の症状だと勘違いされる方が結構いらっしゃるんですよ。吐き気や嘔吐などが心筋梗塞の予兆になっていることもあります。

(小高)
胃が痛む病気にも胃もたれなど色々あると思いますが、病院に行って調べたら「これは胃じゃなくて心臓が原因だよ」って分かるんですか?

(寺本)
そうですね。心電図をとれば分かることは多いです。ただ、つい胃の症状なので心臓だとは思わなくて…ということは僕らの世界でもよくある話なので、やっぱり『疑ってみる』っていうのは凄く大切です。

(小高)
患者さんも、胃が痛いときにも胃の病気だと思い込まないで、他の疾患を疑う知識は必要ですよね。

(つボイ)
本当はこういう症状は見逃してはいけませんけれど見逃しがちになってしまうので、私のように心臓が痛くなって“こんな苦しい目に心臓があっている”ということの方がひょっとした幸せだったのかもしれませんね。

(寺本)
おっしゃるとおりですね。痛みは体のアラームなので、体が「もうとにかく何とかしてくれ!」と叫んでいるようなものです。でも症状があまりないと、どうしても病院にかからないということになっちゃうんですよ。

(小高)
検査というと、心電図を見ればほとんどの心臓病は分かるものなんですか?

(寺本)
実は、安静にしている時の心電図ではなかなか原因が分からないこともあるんです。なので、ベルトコンベアの上を走っていただいて心臓に負荷をかけてから心電図をとるなどの『運動負荷試験』というのは結構大事です。

(小高)
私、この前の狭心症の検査でやりました。ベルトコンベアで何分か早歩きをしてから心電図をとりました。さっきの話じゃないですけれど、最近あごのあたりがキューっと痛くなって、私たちはシリーズで心臓病についてのお話を聞いてきて、「あごが痛くなることもありますよ」って前に伺ったから心配になってきて…。そしたらベルトコンベアで歩かされて検査したら「大丈夫です!問題ないです!」って言われたんですけど、次の日に足が痛くて痛くて・・・筋肉痛でした。

(つボイ)
運動不足や!

(小高)
そっちのほうが大変でした。でも何かしらの前兆とか自覚症状とかみたいなものがあって、検査して病気が判明するってこともありますから、私たちもしっかりそのことを覚えておくのも大事。けれどつボイさんのように、本当に突然起こるのも心臓病の特徴。

(つボイ)
健康診断とかのときにちょっと調べてもらうということも大事だと思います。

(小高)
はい、今日も一宮西病院の寺本智彦先生にお話を伺いました。ありがとうございました。

(寺本)
ありがとうございました。

(小高)
皆さんも心臓病や脳卒中に関して、専門家の先生に教えて欲しいことがあったらこのコーナーまでお寄せください。

(つボイ)
お待ちいたしております。

(小高)
「健康のつボ~心臓病について~」でした。