グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




小児アレルギーの基礎知識



子を持つ親なら誰もが気になる、数ある小児アレルギーの関連性や対処法についてのお話です。

アレルギーの原因

アレルギーを引き起こす物質

アレルゲン」とはアレルギーを引き起こす物質で、私たちの周りのいたるところに存在します。1人が複数のアレルゲンに感作(かんさ)されていることもあります。

食物アレルギーのアナフィラキシーショック

アナフィラキシーとは、アレルギー症状が多臓器にわたって同時に出ることです。アナフィラキシーが進むと、意識状態がはっきりしない「アナフィラキシーショック」という危険な状態になります。アナフィラキシーが疑われる場合は迷わず救急車を呼んでください。

アレルギー症状をケアしよう

食物アレルギー

必要最低限の食物除去を続けながら、血液検査で経過を見て少しずつ除去を解除していきます。


アトピー性皮膚炎

埃がつきにくいように環境を整備する、医師の指導に基づいたステロイド薬の塗布、肌を傷つけない入浴と保湿によるスキンケアが重要です。

気管支喘息

ステロイド吸入やアレルギーのお薬をしっかり飲みながら発作が起きないようコントロールすることが大切です。


花粉症

花粉が飛び始める前から第二世代の抗ヒスタミン薬を服用し、鼻などの粘膜をきれいに整えておきましょう。
※最近は5歳以上のお子さんにも舌下免疫療法が行えるようになりました。

赤ちゃんの肌ケア ~あわあわ沐浴&もちもち保湿~

赤ちゃんの乾燥肌は、アトピー性皮膚炎につながります。新生児から使えるシャンプーやボディーソープ、保湿剤を使ってしっかり赤ちゃんの肌ケアを行いましょう。

①たっぷりの泡で
手を使って洗う

頭はお湯で濡らしたあと、ヘアシャンプーの泡をたっぷりつけて洗います。顔や体には顔・体用シャンプーの泡をたっぷりつけて。いずれもガーゼなどは使わず、手でやさしく、くまなく洗います。

②シャワーで
しっかり流す

シャンプーが残ると肌の刺激になるので、顔にも体にも十分にシャワーのお湯をかけて流します。顔にもシャワーのお湯をかけて大丈夫です。適切な室温なら体をお湯につけて温める必要はありません。

③保湿剤は
たっぷりと塗る

ふわふわのタオルで押さえるように水分を拭き取ります。最後に顔も体もテカテカになるぐらい、たっぷりと保湿剤を全身に塗ります。