グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




新しくなった内視鏡センター


ホーム > センター > 内視鏡センター > 新しくなった内視鏡センター

2018年9月、一宮西病院・内視鏡センターが移設・拡充しました。ブース数は従来の2室から3室、X線TV室は従来の1室から2室となり、内視鏡検査・治療の体制が大幅に拡充。また“検査・治療”という言葉からは想像できない、ラグジュアリーでリラックスした雰囲気を創出。機能的側面・情緒的側面の双方から患者さまのニーズにこたえられる、そして患者さまのお気持ちに寄り添った「新しい内視鏡センター」で、皆さまをお迎えします。

● リラックス&ラグジュアリーな空間で、患者さまをお迎えします

内視鏡センターの受付、待合スペース。暖色系のダウンライトと身体を包み込むようなソファで、リラックス&ラグジュアリーな雰囲気を創出。検査・治療を控えた不安を少しでも和らげられるような空間で、患者さまをお迎えします。

● 検査前の患者さまのお気持ちに寄り添い、プライバシーに配慮した空間を整備

プライバシーに配慮し、男女セパレート可能な大腸内視鏡・前処置室を整備。検査を控えた患者さまのお気持ちに寄り添います。

● 拡張したブースで、高まりつつある内視鏡検査・治療のニーズに対応

ブース数は従来の2室から3室、X線TV室は従来の1室から2室と拡張。年間1万件を越える内視鏡検査・治療に備え、体制を大幅に強化しました。