グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




肘部管症候群



肘部管症候群とは

●症状

小指・環指のしびれが発生します。症状の進行とともに手が痩せてきて小指・環指が曲がってきます(鷲手)。

●治療

投薬が有効な場合があります。保存療法で改善しない場合や症状が重度な場合は、手術治療の適応となります。

手術の実際

肘部管で尺骨神経の剥離術をおこないます。鷲手の矯正(Lasso法など)を同時に行う場合もあります。