グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷


ホーム > センター > 手の外科・マイクロサージャリーセンター > TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷とは

●症状

手関節尺側痛を訴え、手首をひねる動作で痛みが誘発されます。主要因は外傷です。スポーツや転倒・作業中の外傷による靭帯損傷によって起こることが多いです。また明らかな外傷歴がなく発症する場合があり、尺骨が橈骨に対して長いと要因となることがあります。

●診断

Fovea signや手関節尺側ストレステストなどでTFCC損傷を疑い、補助診断としてMRIで靭帯損傷をおこしているか判断すします。鑑別診断として尺側手根伸筋腱の腱鞘炎があり、症状が類似します。

●手術治療

保存療法に抵抗性の場合は関節鏡を用いた治療を行います。

手関節鏡の実際

手首(手の甲側)に小さな切開を入れて、そこから手関節内を鏡視し治療を行います。
  • 手術時間・・・約1〜2時間
  • 入院期間・・・2〜4泊程度