グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




気胸センター


ホーム > センター > 気胸センター

メッセージ

●気胸とは?

婦人科内視鏡センター

肺は風船のように空気で膨らんでいる臓器です。その肺が何らかの原因で破れて、しぼんでしまう病気が「気胸」です。無症状から、呼吸困難が急激に進行し救急搬送が必要なものまで、病状はさまざまです。気胸は、それ自体で命を落とすことは稀な病気です。破れた肺が元に戻るまでの間、息切れや胸痛などの症状が続き、部活動・仕事・飛行機による移動などが制限されるため、生活の質(QOL)に大きな影響を及ぼします。治った後再発することもあるため、再発をなるべく減らす治療を考えることも重要です。

2020年5月から気胸センターを開設しました。呼吸器内科・呼吸器外科・救急科が連携して治療を行う体制を整えました。患者さま個々の病状、社会的背景(仕事・受験など)を考慮し、最適な治療を提案していきます。

気胸の種類と治療法

●気胸の種類

気胸は次に挙げるように大きく3種類に分けて考えることができます。
原発性(げんぱつせい)
自然気胸
肺気腫などの特別な病気がなく、嚢胞(のうほう)(プチプチのような空気の袋)が肺表面にできて破れて発生します。10~20歳代の男性に多く、肺尖部(はいせんぶ)(肺の最も上の部分)の表面に嚢胞ができることが多いです。10歳代では20歳代以降と比べて再発しやすいとされています。
続発性(ぞくはつせい)
自然気胸
肺気腫、間質性肺炎、胸腔内子宮内膜症(生理に伴う)など、何らかの病気に伴って発生します。
外傷性気胸 大きな胸部外傷(交通、転落事故など)で肺を損傷して発生します。

●気胸の治療

気胸の治療法には次のようなものがあります。病状に合わせて、これらを組み合わせて治療を行います。
保存的療法
  • 安静
  • 胸腔穿刺
  • 胸腔ドレナージ
気胸になったら第一に行う治療法です。軽症の場合は数日間の安静で気胸が改善することもあります。肺のしぼみ具合や病状経過により、胸腔穿刺(きょうくうせんし)(胸に細い針を刺して中に溜まった空気を抜きます)や胸腔ドレナージ(胸の中に鉛筆くらいの太さの管をいれて、肺から漏れてきた空気を持続的に抜きます)を行います。
手術 保存的療法で気胸が改善しない、気胸を繰り返す場合に行います。空気漏れの原因となった嚢胞の切除や、肺表面を破れにくくする補強をします。通常は胸腔鏡(きょうくうきょう)手術で行います。
胸膜癒着
(きょうまくゆちゃく)療法
胸の中にいれた管から自己血(患者さまご自身の血液)や薬剤を入れることで、空気漏れの部分を塞(ふさ)ぎます。
気管支塞栓
(そくせん)療法
気管支鏡(胃カメラを細くしたもので気管支の中を見ることができます)を用いて、空気漏れの原因となっている肺に空気が入らないように、シリコンの栓(EWS)で気管支を塞ぎます。

手術を行う場合

当院では以下のような場合に手術を行っています。最終的には患者さま個々の病状、社会的背景を考慮して決定しています。

手術が必要な状態(絶対的適応)

  • 多量の出血を伴う場合
    (血気胸(けっききょう))
  • 両側気胸
  • 空気漏れが多く、
    他の治療効果が期待しにくい場合

手術が望ましい場合(相対的適応)

  • 再発を繰り返す場合

  • 原発性自然気胸で、学業や仕事などのために
    当面の再発を予防したい場合


気胸の低侵襲手術について

気胸手術は2~3か所の創を使った胸腔鏡で行われることが一般的です。当院でも以前は同様の手術を行ってきましたが、さらなる低侵襲化(身体への影響を小さくする)をすすめました。

2018年3月から、原発性自然気胸の患者さまに1.5~2 cmの創1か所で手術を行う単孔式(たんこうしき)胸腔鏡手術を導入しました。従来の胸腔鏡手術と比べて、整容的に優れ、痛みも少ない長所があります。

初回治療で胸の中に管がある場合は、その管の入っている創を可能な限り使用して手術をします。3ポート(3か所の創)手術と比べて、当院の単孔式胸腔鏡手術では手術時間延長や術後合併症増加はありません。また、手術後の再発率も3ポート手術と同程度に抑えられています。

●呼吸器外科における気胸の手術実績(2018-2019年)

2018年 2019年
気胸 32 24
┗ 内 胸腔鏡下手術 32 24
内 単孔式胸腔鏡手術 6 18