グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




手術適応・対象疾患


ホーム > センター > MICS心臓センター > 手術適応・対象疾患

当院では様々な切開方法にてMICSを行っています。その為、基本的に多くの手術で、小さな傷で胸骨を温存する低侵襲心臓手術(MICS)が可能と考えております(冠動脈バイパス術、弁膜症手術、成人先天性疾患)。ただし、心臓機能が低下した方、緊急手術の方、また動脈硬化症の著しい方は良い適応ではありません。十分に検査を行い、ご一緒にお話をして決めていきましょう。

● 僧帽弁膜症

僧帽弁閉鎖不全症、狭窄症に対しての弁形成術や弁置換術を右胸から行います。

僧帽弁膜症

僧帽弁膜症

僧帽弁膜症

● 大動脈弁膜症

大動脈弁閉鎖不全症、狭窄症に対しての弁置換術を右脇から行います。

大動脈弁膜症

大動脈弁膜症

大動脈弁膜症

● 狭心症(心筋梗塞)

胸骨正中切開による冠動脈バイパス術では、人工心肺を用いるオフポンプCABG(OPCAB)を基本術式としており、より長持ちする両側内胸動脈や桔骨動脈(前腕の動脈)、右胃大網動脈(胃の動脈)を多用しています。また、低侵襲冠動脈バイパス術(MICS CABG)は左胸骨の小切開により行います。こちらも通常のOPCABと同様にオフポンプで両側内胸動脈をはじめ、動脈グラフトを積極的に用いています。多枝バイパスも数多く手がけております(平均バイパス数3.1本)。

狭心症(心筋梗塞)

狭心症(心筋梗塞)

狭心症(心筋梗塞)

● 心房中隔欠損症

生まれつき心臓内の壁に穴があいている疾患です。自覚症状がなく、大人になってから手術を受けられる方もいらっしゃいます。右胸から穴をふさぐ手術をおこないます。

● 心臓腫瘍

心臓の腫瘍は特に粘液腫が多いのですが、放っておくと大きくなり、心臓や肺の血の巡りを塞いでしまいます。腫瘍ができた部位によりますが、右胸からの手術で取り出す手術があります。