グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




乳幼児によくある病気・症状について


ホーム > 内科系 > 小児科 > 乳幼児によくある病気・症状について

当院の小児科部長・杉山剛医師が乳幼児期のよくある病気・症状について徹底解説しています。
「こんなときどうしたら…?」「病院に行くべき?」など悩んだときに参考にしてください!


※画像をクリックすると、記事掲載サイト「まなべび」のページにとびます。


新生児の赤ちゃんが急にうなるような声を出したら心配になる人も多いでしょう。赤ちゃんがうなるような声を出す原因と対処法や、受診したほうがよい場合について解説していきます。

新米ママ・パパの悩みでよくある「吐き戻し」。吐き戻しの原因や受診が必要な場合などを解説しています。吐き戻しについて理解を深めて、いざ赤ちゃんが吐いてしまった時に冷静に対処できるようにしましょう。

自分で鼻をかむことのできない赤ちゃんの鼻水や鼻づまりは気になりますよね。ここでは赤ちゃんの鼻水・鼻づまりの原因やお家でできるケアの注意点、受診すべきタイミングなどについてお話します。

赤ちゃんのくしゃみの数が多いと、なにか病気が隠れていないか不安になってしまいますよね。赤ちゃんは大人と比べるとちょっとした刺激でくしゃみがでます。赤ちゃんのくしゃみの原因・対処法をお話します。

赤ちゃんの湿疹に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?今回は乳児湿疹の種類やその原因について理解を深めていきましょう。赤ちゃんに必要なスキンケアの方法も詳しく解説します。