ナースの仕事と生活

先輩ナースの声 / 上林記念病院 一般・療養病棟看護師インタビュー

所属部署:上林記念病院 一般・療養病棟

※掲載内容は2015年取材時の情報です。

病棟の紹介はこちら

私が所属する病棟はいつも、あいさつや患者さまの笑い声などで溢れています。

私は今、こんな仕事をしています

作業風景 身体急性期症状は脱したものの、継続的に治療が必要な方や、慢性疾患のコントロールを目的とした患者さまが入院する病棟で働いています。患者さまやそのご家族が抱える不安は様々ではありますが、その中で、安心して今後の生活を送ることができるよう、チーム医療を通して関っています。患者さまの今や、この先何が必要かを話し合い、勉強しながら業務に取り組むことは、忙しいながらも充実した看護ができていると思っています。

杏嶺会を選んだきっかけ

看護学生制度がある杏嶺会では、働きながら看護学校へ通える事や、内科系から外科系、急性期から慢性期、一般科から精神科と、卒業後にやりたいことが見つかった際に、選択できる部署が多かった事も選んだ理由です。自分と同じような境遇で、看護学生から看護師になった先輩方も多く、学生時代からいろいろと相談し、アドバイスをもらっていました。また、一宮に住む私にとって、通勤時間が短いことも魅力のひとつです。

看護師を志した理由

作業風名 以前、介護福祉士として働いていた時に、自分にもっと医療知識があれば、患者さまとより良い関わりができるのではないかと考え、看護師を志しました。看護師になった今は、コミュニケーションひとつをとっても、知識が増えた分、観察力が身に付き、以前よりも意味のある関わりができるようになったと思っています。また、自分が違う立場になってから、看護助手さんの存在の大きさも感じています。

未来のワタシ

今年からNSTに参加しました。今はまだまだ勉強の段階ですが、将来的には栄養管理を通じて、その人の持つ回復力を最大に活用できるように、チームで取り組んでいきたいと思っています。また、何年経っても初心を忘れないよう、患者さまが離床した後のベッドシーツのシワを伸ばすことや、カーテンを開け光を入れることなど、看護の基本となることが、ずっとできる看護師になりたいです。

入職を考えている方へメッセージ

看護師 看護師がやらなければいけないことは、どこで勤めても同じだと思います。情報だけでなく、病院見学などを利用して、ぜひ上林記念病院の雰囲気を見てください。私が所属する病棟は、あいさつの声から、患者さまや他職種とコミュニケーションをとる声、患者さまの笑い声などで溢れています。休みもしっかりとれるため、プライベートも充実した日々を過ごすことができます。

見学会予約はこちらから

ナースの仕事と生活 一覧へ戻る