ナースの仕事と生活

先輩ナースの声 / 尾西記念病院 一般病棟看護師インタビュー

所属部署:尾西記念病院 一般病棟

※掲載内容は2015年取材時の情報です。

病棟の紹介はこちら

杏嶺会はかなり規模が大きな医療法人なので、自分が求めるものが変化しても、対応できることも多いと思います。

私は今、こんな仕事をしています

作業風景 患者層が急性期・慢性期・周手術期と様々なのが、尾西記念病院一般病棟の特徴です。ここでの看護業務としては、創傷処置・留置物管理・嚥下摂食ケア・リハビリなどに幅広く対応しています。私は看護師として5年経験を積んできましたが、新人のころから精神科勤務だったため、看護技術がかなり偏っていました。これらの看護を経験できることは非常に楽しく、充実した仕事をすることができています。

杏嶺会を選んだきっかけ

杏嶺会は急性期・慢性期疾患を経験できる病院であることに加え、精神科の病院も関連病院に含まれています。私は元々精神疾患に興味があり、将来的にも精神科で勤務をしたいと考えており、関連病院へ異動が可能であるということに大きな魅力を感じました。あと地元が一宮であるため、可能であるならば一宮周辺で勤務したいと考えていたので、その条件にあっている杏嶺会を選びました。

看護師を志した理由

作業風名 高校生の時の私は、特になりたい職業が浮かばず、様々な条件を挙げて周囲の人たちと考えながら将来の職業について考えていました。条件としては、あまり苦労することがなく就職することができ、それなりの賃金が期待され、仕事内容に興味を持つことができるもの、といった感じです。そこで挙がったいくつかの職業の中から、将来性・確実性などを考えた結果、看護師・保健師になることにしました。

未来のワタシ

未来の私は、精神科の看護師か企業の保健師になっている予定です。そのどちらかになるとしても、一般的な疾患、特に慢性疾患の知識、予防・回復への具体的なアプローチ方法を身につけることが望まれるので、将来の自分にとって何が必要なのか、何をしていきたいのかを常に意識しながら、日々の仕事の中で学び続けています。何をするにしても、意欲をもって取り組む姿勢を大切にしていきたいと思います。

入職を考えている方へメッセージ

看護師 看護師という職種は、勤務先の選択肢が非常に多いので、どこの病院に就職したらよいのか迷うと思います。実際、私も非常に迷いました。杏嶺会はかなり規模が大きな医療法人なので、自分が求めるものが変化しても、杏嶺会で対応できることも多いと思います。病院を決めるにあたっては、病院見学やその病院で働いている人から直接話を聞くことが良いと思うので、興味をもちましたら、一度見学にいらしてください。

見学会予約はこちらから

ナースの仕事と生活 一覧へ戻る