ナースの仕事と生活

先輩ナースの声 / 訪問看護ステーション 看護師インタビュー

所属部署:訪問看護ステーション

※掲載内容は2015年取材時の情報です。

病棟の紹介はこちら

提供したいのは、その人らしさを尊重し、安心して生活できるような看護。

私は今、こんな仕事をしています

作業風景 外来・病棟を勤務する中で、病気・障害があっても在宅でその人らしい生活を支えられるような看護を身に付けたいという思いが強く、昨年訪問看護ステーションやすらぎに異動しました。訪問時は、症状観察、身体保清、医療機器の管理、また介護者の不安、精神的ケアなどを行っています。急変、困った事等あれば、緊急で電話対応し訪問することもあります。的確な判断力を要求されますが、病棟経験で培われた能力を発揮できる仕事です。

杏嶺会を選んだきっかけ

子どもが小さく家から近い勤務地を希望していたからです。

看護師を志した理由

作業風名 看護師になりたいと思ったのは、小学生の時に入院した時がきっかけです。看護学校に入学し、実習を通して、患者に寄り添い、信頼され、何かしてあげたいという思いで看護師を目指しました。今は、訪問看護師としてのやりがいを感じています。

未来のワタシ

訪問看護師としては3年目でご利用者さまの日々の状態の観察、アセスメントすることへの不安、自分の看護技術やコミュニケーションの未熟さを痛感することが多々あります。広い視野であらゆる状況に対して柔軟に対応できる判断力を身につけていきたいと思います。また、ご利用者さまが在宅でその人らしさを尊重し、安心して生活ができるよう、その人に合った看護を提供できるよう目指していきたいです。

入職を考えている方へメッセージ

看護師 訪問看護に興味はあるけど、経験や自信がないという方、まずは一度現場を見学してください。スタッフみんなが情報を共有し、何でも相談できる雰囲気の良いステーションです。一緒にご利用者さま・ご家族さまに寄り添う看護をしていきましょう。

見学会予約はこちらから

ナースの仕事と生活 一覧へ戻る