introduction

回復期に携わる一員として、患者さまが日に日に良くなっていく姿を身近に感じることができる。

尾西記念病院 回復期リハビリテーション病棟 尾西記念病院の回復期リハビリ病棟は、脳卒中や整形疾患などを含む全93床の病棟です。平成27年4月より体制強化加算が導入され、リハビリ専門医師をはじめ、社会福祉士やリハビリスタッフの専従を置き、質の高い医療の提供に努めています。急性期病院での治療を経てこの回復期病棟に転院してこられた患者さまが、安心してリハビリを受けることができ、目標が達成され、在宅や社会復帰できるよう日常生活場面を通し支援することが、私たち回復期リハビリテーションの看護師の役割として重要になります。また、スタッフそれぞれが専門性を高め、チームワークで医療・看護を提供するよう、日々努力をしています。

chief's message

回復期病棟に携わる一員として感じることは、患者さまが日に日に回復され、良くなっていく姿を身近に感じることができることだと思います。病気をしたことにより、今まで当たり前にできていたことができなくなったことの歯がゆさや、今後の不安、焦りなど複雑な気持ちを抱えた患者さまに寄り添い、励まし、信頼関係が築かれることで、看護することの喜びややりがいに繋がっていきます。また、患者さまの早期回復を目指し、リハビリスタッフの訓練以外にも看護師と行う自主訓練や、高齢者も多いなかで、嚥下機能の低下予防のための口腔体操、レクリェーションなども取り入れています。医療チームが一丸となり、最終的にゴールが達成でき、退院時には「尾西記念病院の回復期リハビリ病棟に来て良かった。」と言って頂けるよう、スタッフ一同頑張っています。私たちと一緒に、働いてみませんか!!