introduction

より良いチーム医療の提供を目指しています。

F4病棟のようす F2病棟は消化器内科・内分泌内科・整形外科・循環器内科・皮膚科・泌尿器科・脳神経外科・神経内科に関わる傷病で軽症の患者さんが入院されています。また検査入院や夜間緊急入院に対応しており、さらには透析病床としての役割も担っています。毎週火曜日には看護師だけでなく、医療ソーシャルワーカー、リハビリテーション、臨床工学技師(ME)、薬剤師など多職種のスタッフが集まり、症例カンファレンスを行っています。様々な症例をもとに情報共有を行うことで、より良いチーム医療の提供を目指しています。月に1回、「病気」や「検査」「薬剤」といったテーマを決めて、病棟内勉強会を開催しています。勉強会を通して病棟看護師の看護知識の向上と平準化を図っています。

chief's message

入院患者さんの中には認知症を患う高齢者の方も少なくなく、さらに夜間救急からの入院もあるため、看護必要度の高い病棟となっています。また透析病棟としての役割もあり、多い日は6人ほどの透析患者さんが治療を受けます。多岐にわたる看護スキルが求められ、とても忙しいですが、その分やりがいがある病棟です。