introduction

患者さまがリラックスできる環境においてマンツーマンでじっくり関わる。

訪問看護ステーション 訪問看護は在宅で療養生活をされている小児から高齢の方で、身体・精神障害の方に対して、24時間体制(夜間待機交代制)で看護の提供をしています。
内容としては、(1)病状観察・把握 (2)内服管理 (3)保清(入浴介助・清拭) (4)排泄介助(排尿・便コントロール) (5)医療的処置・機器管理・指導(褥瘡、吸引、胃ろう、経管栄養、人工肛門、血糖測定・インスリン、腎ろう、膀胱留置カテーテル、在宅酸素、抹消・中心静脈栄養点滴、人工呼吸器など)(6)日常生活・栄養の改善指導 (7)専門スタッフによるリハビリテーション (8)ターミナルケア (9)介護者への介護指導・療養相談などです。在宅でのノウハウを熟知している、経験豊富な看護師・リハビリスタッフが自宅に伺い、本人・家族さまの希望に沿い、本人さまのQOLを考えた療養生活が送れるように技術・知識を提供しています。また主治医や多職種の方々と連携し、より快適な療養生活が送れるように努めています。

chief's message

訪問看護は病院と違い、看護の提供場は住み慣れた自宅となります。本人さまがリラックスできる環境においてマンツーマンでじっくり関わることができるため、提供する側も充実した時間を持て、本人さま・家族さまにとって一番は何かを考えることができます。また私たちは個々ではなくチームで取り組んでいるため、不安なときはスタッフ間で話し合い、協力できることで安心を得られ、強みとなっています。その中で信頼関係を築き、寄り添うことで訪問看護を利用して良かったと思ってもらう事が更に私たちの力となります。
在宅でも常に自己研鑽は必要となります。スタッフは興味がある研修に自ら積極的に参加しており、在宅ならではの新しい知識・技術が取り入れられています。このような職場で一緒に働いてみませんか。訪問看護が好きな方、興味がある方、じっくり自分の看護を提供したい方、お待ちしています。