introduction

クリティカルケアの最前線で看護師としてのキャリアを磨く。

icu ICUは、内科・外科を問わず、呼吸・循環・代謝その他の重篤な患者さまに対して集中的に治療・看護を行うところ。管理医師を中心とし、循環器内科、心臓血管外科、脳神経外科、外科における緊急手術の患者さまも多数担っています。病床数は8、専任の看護スタッフ36名によって、2:1の看護体制を整えています。
ICUならではの仕事の一例として挙げられるのは、術前訪問。これは、患者さまの疾患・術式等から情報を得て、個別にお話をさせていただくこと。ICU入室に対する不安やストレスをやわらげ、集中治療室の環境に少しでも早く適応していただけるよう働きかけます。また、ICUでは、スタッフ全員が専門性を高め、より質の高い看護が提供できるよう、主科の医師による勉強会も開催。看護師に求められる知識・技術・判断力の向上につなげています。

chief's message

ICUで働くナースには、生命の危機状態にある患者さまの病態変化を読み取る鋭い観察力と高い看護スキルが求められます。状態が急変することもあり、常に「命を預かっている」という緊張感の中で働かなければなりません。しかし、ICUならではの特性を生かし、患者さまの早期回復・早期転床の手助けを行うための濃密な看護が提供できることは、大きな経験となりますし、喜びにもつながります。
経験を積めば、どの部門でも活躍できる知識と技量が身に付き、看護師としてのキャリアアップにもつながるでしょう。入職の不安は強いかもしれませんが、サポート体制も充実していますので、ぜひ一度見学にいらしてください。