グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ドクターを支える仲間


ホーム > 環境・支援体制 > ドクターを支える仲間

看護師

理学療法士

臨床工学技士

メディカルアシスタント



看護師

この人に聞きました!

看護部 看護部長
長崎 功美 (ながさき のりみ)

プロフェッショナル論 ~働く上でのこだわり~

看護師は様々な看護技術を身につけることで、仲間から、患者さんから信頼を得ることができます。それがたとえ新人であっても自分の得意とする看護技術を身につけることができます。熱心に精一杯の努力することで得ることができるのです。看護師一人一人が自分に自信のある看護技術を身につけ、患者さんの看護に活かすことが“プロフェッショナルな仕事”だといえます。看護師は、24時間365日の患者さんの命を守り療養生活の安全に努めていく仕事です。患者さんの健康回復のために医師やコメディカルと力を合わせてチーム医療を実行しなければなりません。看護部として、一人でも多くの“輝くスキルを持つ看護師”を育てていきます。私は一宮西病院が患者さん中心の医療提供施設であり、看護師教育機関であることを誇りに思っています。

明日への挑戦 ~自らに課している要求~

一宮西病院が目指す地域医療の貢献は、看護対象そのものであります。患者さん及びそのご家族、そして地域の皆様すべてが看護の対象です。「街と人が明るく健康でいられますように」は当法人の願いです。患者さんの受診行動は自らの体調不良や健康不安によるものです。それらの不安を取り除くために、良質な医療を受け、健康回復もしくは現状での生活を取り戻すことを望んでいます。看護は患者さんの健康回復に寄り添い、自己決定できる力を育てます。一人一人の看護師が自らの人生の目標に沿って看護した時、自立した専門職としての看護力を発揮できます。一宮西病院が看護師としての夢を叶えることができる職場であれば、患者さんが病院の治療に満足し、患者さんと看護師の仲間が自然と病院に集まってきます。「人が人を呼ぶ看護の現場づくり」が私のチャレンジです。

理想の病院 ~こういう病院にしたい~

新卒の看護師は入職して杏嶺会の職員になり、同時に社会人としてスタートします。病院を訪れるすべての人に、素敵な笑顔であいさつを交わすことのできるプロフェッショナルな職業人を育成したいと考えています。そのためには、自らが働く病院(看護教育の現場)が、その人にとっての“理想の病院”でなければ、教育の効率があがりません。病院が明るく清潔で心地よい空間であるためには、設備などハード面の充実だけでなく、教育環境も整えることが大切です。若い看護師は、たくさんの患者さんやスタッフなどと関わったり、先輩看護師がロールモデルを示すことで、確実に成長していきます。臨地実習病院として、毎年多くの大学・短期大学から実習生がやってきます。臨床現場で看護技術を身につけた若い芽が、大切な人(家族、恋人、友人)を連れて、プライベートで一宮西病院にかかってくれた時、私のとっての“理想の病院”に一歩近づいたと感じます。

理学療法士

この人に聞きました!

リハビリテーション科 科長
田中 和彦(たなか かずひこ)

プロフェッショナル論 ~働く上でのこだわり~

私は理学療法士として臨床、教育、そして運営管理の業務をしています。現代医療において医療の満足度は年々高まっております。リハビリテーションにおいても同様だと思います。患者さんに一番適したリハビリゴールが必ずしも患者の望む満足ではなく、セラピストが設定した場合があります。私はリハビリテーションの専門職として、患者さんの望む満足または、それ以上をリハビリゴールとして目指しています。この思いは、若い頃に先輩セラピストの運動療法後の著明な改善時や上腕骨近位端骨折の患者を「健側越え」まで改善させた経緯の経験からであり、まさに晴天の霹靂と同時に患者の満足度は計り知れませんでした。すべての患者は発症、受傷前の日常生活活動に戻りたいと思っています。リハビリテーションの効果がよくなればなるほど、患者は満足されます。ただ、満足の上限は決してありません。だからこそ私は、昨年より今年、昨日より今日、さっきより今と患者の満足度以上の運動機能改善や日常生活動作などを得られ続けるよう、セラピストとして向上し続けなければならないと強い使命を抱いて、日々患者さんと真摯に向かい合っております。

明日への挑戦 ~自らに課している要求~

リハビリテーション科は進化し続けており、常に新たな取り組みや患者介入の創意工夫に挑戦しております。新たな挑戦には慣れた業務を行う何十倍のバイタリティーが必要です。私は10代では「考えるより行動」を優先し、20代では「行動しながら考え」、30代では「行動と考えながら修正し、さらに行動」を行ってきました。ちなみに私は、亥年のしし座のB型です。典型的な「前進あるのみ」の性であります。しかし、厄年終えた40代より「考えてから行動」が多くなってきました。リハビリテーション科の管理運営となったことは大きく影響しています。臨床業務では、セラピストや疾患ごとの専門性も高く、そして医療スタッフとの密な連携が必要不可欠になっています。しかもリハビリテーション科はセラピストが約80名と大所帯で、かつ経験年数は1年目から10年目とチャレンジ精神と向上心を兼ね備えたセラピストが多く在籍しております。だからこそ、私は突進力のある行動力でかつ、誰もが途中で根を上げるような業務でも心底楽しみながら、前へ前へと先陣を切ってリハビリテーション科の未知なる可能性を広めなければならないと思っています。

理想の病院 ~こういう病院にしたい~

理想の医療はかかりつけ医のような地域に密着した医療であり、理想の急性期医療は精密な検査、診断、治療の基準が高いことだと思います。しかし、当院が担っている急性期医療は、その両方の理想であると考えています。かかりつけ医以上に地域にこそ密着し、あらゆる患者が当院を安心信頼して訪れることができる病院にしたいと思っています。病院はあらゆる医療を施すために多くの人材と最新の設備などが必要であり、さらに地域に密着した医療を成し遂げるためには、患者ひとりひとりに対して笑顔と挨拶、そしてちょっとした患者の声を聞くことが最も重要であると思います。私を含む多くの職員が、医療を志した時の初心である「患者のために」をいつ何時も変わりなく、実践している集団がきっと理想の病院を築いていくものだと思います。

臨床工学技士

この人に聞きました!

医療機器管理室 科長
坂口 俊樹(さかぐち としき)

プロフェッショナル論 ~働く上でのこだわり~

運用病床420床で当院の診療内容では8~9名配置が妥当です。しかし、当院の医療機器管理室には27名の臨床工学技士(CE)がいます。その理由は病院が急成長したことによる診療の多様化と業務量の増加に伴い、病院職員、取り分け看護師(Ns.)の確保が必要なりましたが、それに難渋したことにあります。ここで私は、「CEはNs.にとって代わることは出来ないが、CEが手術室・カテ室・内視鏡室等の様々な部署でNs.の業務支援を行えないか?」と考え、各部署にCEを配置しました。それは如何なる業務も患者様や病院にとって有益であれば既成概念にとらわれず取り込んでいく姿勢が不可欠であり、結果的に部署間で密に連携し状況に応じた人材配置が可能となり、臨床医療の最前線で多くのCEが活躍することとなりました。

明日への挑戦 ~自らに課している要求~

私たちCEを含め、病院職員の理想像は、物に例えるならスマートフォン(スマホ)でありたいと考えています。携帯電話でありその基本機能は音声通話で、時代と共にメール機能・カメラ・ワンセグ・ミュージック・お財布機能と付加価値を高めガラパゴス携帯(ガラケー)へと進化しました。その後、完熟期に達したガラケーは新たな付加価値が見出せなくなりました。今まさに医療機器管理室はガラケーの状態です。業務範囲をCE業務の機器保守管理、血液浄化、人工心肺業務等に加え、手術室、心カテ・アンギオ室、内視鏡室業務と拡大してきました。更なる進化(付加価値)を求めその時々のニーズに応えるCE である為には、更なる意識改革と環境作りが必要です。これは医療機器管理室に留まらず、病院全体に言えることだと考えます。

理想の病院 ~こういう病院にしたい~

ガラケーは衰退し携帯電話の主流はスマホへと移行しました。その理由はスマホにはガラケーの基本機能に加え様々なアプリケーションのダウンロードにより高い汎用性を有したことと、クラウドを利用しPC やタブレット等と情報の共有が可能になったことです。このことによって現在あるスマホへと飛躍的進化を遂げました。現在、医局(各診療科)をはじめとする各部署単位では完熟期にあると思います。病院は携帯電話で通話ができるがごとく、質の高い医療や各職種が専門技術を提供することは当然であり、他にない付加価値を生み出すことこそ意味があります。病院の一般的概念や縄張り意識を捨て、業務の枠組みにとらわれず多職種が連携及び情報共有を行うことで、他に類を見ない病院へと劇的な変化をもたらす筈です。

メディカルアシスタント

この人に聞きました!

メディカルアシスタント課 係長
所 丈晴(ところ たけはる)

プロフェッショナル論 ~働く上でのこだわり~

私の所属はメディカルアシスタント課になります。当課は医師の事務的な作業をサポートする部署で、患者様からお預かりする生命保険診断書、介護保険主治医意見書、傷病手当金申請書、自賠責診断書、障害認定申請書など様々な医療文書の作成補助、医師から指示された電子カルテオーダー代行入力、症例データ登録や外来サポート業務などを中心に行っております。主任として私の働く上でのこだわりは、人を育てることです。メディカルアシスタント業務だけではなく、患者様や職員のために自分は何ができるかを常に考え、研修会などで学んだ知識、経験で得た知識を惜しみなく与えることで役立つことが何より嬉しいですし、やりがいも感じます。そのためには院内・院外で参加できる研修会や勉強会には進んで参加して自分自身のスキルアップを目指し、どんな場面でもあいさつと笑顔を忘れずに人間関係を大切にして日々の業務を行っています。

明日への挑戦 ~自らに課している要求~

陰で人のことを非難ばかりする人がいます。非難されても仕方がない人も中にはおりますが、非難しているだけでは何も解決しません。どうしてそうなったのか、何が足りなかったのか、どうしたら解決できるのかを考え、難しい事かもしれませんが相手にも伝える努力をし、解決策を見い出していくことが重要なのではないでしょうか。私は常に相手のことを尊重して思いやり、必要なことをきちんと伝え、指導すべきは指導するよう心掛けています。仕事をしていくうえで、苦しいことやつらいことが多くあります。それはみんな同じだと考え、自分自身を励まし、小さなことでもいいので楽しみを見つけ、前向きに物事をとらえて前に進むようにしています。仲間を大切に思い、そして何事にも精一杯取り組み、目標を達成できるよう頑張り続けることを自らに課し、皆さんと協力し合ってこれからの西病院を支えていきたいと思います。

理想の病院 ~こういう病院にしたい~

地域のクリニックと連携を取りながら急性期病院としての責任を担い、チーム医療で職員全体が協力してより良い医療を提供することで、一人でも多くの患者様に元気になっていただける病院であってほしいと思います。また、それぞれの部門でそれぞれの専門性を生かした役割分担を行いながら、お互いに助け合ったり、協力し合ったりできるような関係性を構築し、職員が開かれた環境の中でお互いを思いやり、働きやすいと感じるような職場を目指し、西病院で働きたいと思ってもらえるような病院にしたいと思います。私一人では成し遂げることはできません、みなさん一人一人の心の持ち方が病院を変えていけると思います。職員が誇りを持って働けるよう、また患者様にも喜んでいただける病院となれるよう力を合わせて頑張ってみませんか。

ご応募・病院見学・お問い合わせ

TOP