グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


回復期リハビリテーション病棟のご紹介


ホーム >  ご利用案内 >  入院・面会のご案内 >  回復期リハビリテーション病棟のご紹介

多職種が共同で在宅復帰をサポートします
脳血管疾患(脳卒中)や骨折手術などの急性期治療を受けたあと、すぐに元の生活に戻ることが難しい場合があります。そういった患者さまが安心して自宅や地域社会に戻れるように、集中的にリハビリテーションを行っています。医師をはじめとする多職種から構成されたチームで、患者さまの状態に合わせたリハビリテーションを提供しています。日常生活の動作を改善するためのリハビリプログラムを組み、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、医療ソーシャルワーカーなどが共同で在宅復帰をサポートします。

fukusisodan-01.jpg

入院前から退院後まで、各専門スタッフが連携して対応します。


rehabilitation-14.jpg

QOL向上(生活の質)や在宅生活復帰をサポートします。


kamibayasiseisinnkabyoutou7.JPG

入院から退院までの手続きに関してご案内します。


motimono.JPG

入院のご準備の際に必ずご確認ください。


seikatu.JPG

入院中の一日の流れをご紹介します。


contents-technology-ph003.jpg

様々な機器で、患者様の個性をいかしたリハビリテーションを提供します。


rehabilitation-13.jpg

在宅復帰率は、全国平均をはるかに上回る実績です。