グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



回復期リハビリテーション


ホーム > 上林記念病院 > 中央診療部紹介 > リハビリテーション科 > 回復期リハビリテーション

QOL向上(生活の質)や在宅生活復帰をサポートします!

脳血管疾患などの脳外科疾患、大腿骨頸部骨折などの整形外科疾患の患者さまや、肺炎や外科手術後の廃用症候群などの患者さまは、急性期における医学的治療を終えても、日常生活動作能力の低下により、在宅生活への復帰が難しい状態となることは少なくありません。そのため、発症してできるだけ早い時期から、適切なリハビリテーションの実施が大切といわれています。当院では、2病棟の回復期リハビリテーション病棟を設けて、総勢約60名のセラピストを配置しており、十分なリハビリを提供できる体制をとっています。

回復期リハビリテーション病棟では、患者さまに対し、集中的なリハビリテーションを提供することで、日常生活動作能力の向上に努め、QOL向上や在宅生活復帰を目指しています。

365日体制のリハビリテーション

理学療法(PT)

回復期リハビリテーション病棟では、土曜・日曜・祝日も休みなく、365日リハビリテーションを提供しています。毎日リハビリテーションを行う中で、より早期に機能回復、日常生活動作を獲得し、新しい生活を迎えられるよう取り組んでいます。

作業療法(OT)

言語聴覚療法(ST)

「生活」そのものが、リハビリテーション

病棟での生活、朝起きて、着替える、顔を洗う、食事をする、歯を磨く、トイレに行く、日常生活動作の全ての動作が「在宅生活復帰」のためのリハビリテーションになります。専門的な個別リハビリ以外の時間も、看護師・ケアワーカーのサポートのもと、リハビリ要素を含めた病棟生活を送って頂きます。

チームアプローチ

患者様が在宅生活復帰に至るまでには、右図のように、それぞれの家庭で様々な不安を抱える事があります。
回復期リハビリテーション病棟では、その様々な不安に対して、他職種が専門性を生かして関わることで不安を解消できるよう取り組んでいます。

回復期リハビリテーション病棟を退院し、在宅生活復帰するには、介護保険下のデイケア・デイサービスなどの通所サービス、訪問看護、訪問介護などの訪問サービス、外来診療などが必要になることもあります。
当医療法人を含め、地域の社会資源、ケアマネージャーとの連携も重要となります。また、在宅生活における介助方法の指導や、住宅改修のアドバイスも行っており、本人様、家族様にとって、より良い生活を送れるよう取り組んでいます。

実績

在宅復帰率84.2%
(全国平均78.7%)※平成28年度上期

自宅に退院された割合を示す在宅復帰率は、全国平均をはるかに上回る84.2%です。リハビリテーションは「休みなく連続して行う」ことが効果的です。上林記念病院では早期回復を目指して、休日も平日と同様のリハビリテーションを行っているため、高い在宅復帰率を実現しています。また、当グループは多数の診療科を持ち合わせているため、患者さまの持つ様々な疾患に対してもサポートが可能です。

平均リハビリ単位数7.2単位
(全国平均6.26単位)※平成28年度上期

平均リハビリ単位数(患者さま一人あたり一日のリハビリ実施時間)は、全国平均を約1単位上回る7.2単位です。100名をこえるスタッフで長時間のリハビリテーションを行えるのも、当グループの特長です。若く、活気あふれるリハビリスタッフが、患者さまの意欲を掻き立てます。
※1単位は20分 7.2単位は144分

機能的自立度評価(FIM利得)23.0
(全国平均17.0)※平成28年度上期

FIMとは日常的な基本動作が行えるかを評価し数値化したものです。高いFIM利得が実現できるのは、リハビリの「量」が多いのはもちろんのこと、スタッフの技術と知識を持って、患者さまごとに最適なリハビリメニューを提案するという、リハビリの「質」の高さも兼ね備えているからです。