グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外来リハビリテーション


ホーム > 上林記念病院 > 中央診療部紹介 > リハビリテーション科 > 外来リハビリテーション

社会生活範囲の拡大、日常生活能力の向上を目指します!

外来リハビリテーションでは、医師の指示のもとに様々な目標に向かって患者さまをサポートします。発症・受傷後の集中的なリハビリや、回復期リハビリに継続したリハビリを実施します。社会生活範囲の拡大、日常生活能力の向上を目指し、自宅で困難な生活場面を安全に過ごせるように支援します。また、マッサージ師による消炎・鎮痛マッサージも行っています。

取り組み

理学療法(PT)
脳血管疾患や骨折などによる後遺症のある方に運動療法の実施・指導をします。筋力をつけることで痛みの出現を抑えたり、より良い在宅生活が送れるように、個々に合ったプログラムを提供します。

作業療法(OT)
食事や入浴などの実際の生活場面でお困りの方に対し、日常生活訓練や生活環境整備に対するアドバイスを行います。また、障害を持った状態でも可能な作業療法を提供し、QOL(生活の質)を向上できるように支援します。

言語聴覚療法(ST)
話す・聞く・読む・書くなどのコミュニケーション問題でお困りの方に指導・訓練を行います。

マッサージ
慢性的な痛みに対しマッサージを行います。また、牽引・干渉波・低周波・ホットパックなど、機器や器具を用いて痛みやしびれを軽減をします。

[外来リハビリテーションを受けるには]
病気の発症からの日数や介護保険の利用の有無などにより、外来リハビリの利用ができない場合もありますので、まずは当院までお電話ください。