グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



リハビリテーション科の概要


ホーム > 上林記念病院 > 中央診療部紹介 > リハビリテーション科 > リハビリテーション科の概要

患者さまの生活の質の向上をめざしてスタッフが連携しチーム医療に取り組んでいます

当科には、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等の専門のスタッフがおり、常に患者さんを中心に、医師や看護師等と連携し、チーム医療に取り組んでいます。対象となるのは、急性期は脱したものの、まだまだ治療が必要な方、精神疾患と身体的障害をもった方、脳血管障害等による障害により起きあがり動作や歩行など、日常生活動作が困難になった方。こうした方々の、動作能力の回復や維持するための治療・指導・支援を行っています。また、在宅生活や施設に向けての支援も積極的に行っています。

リハビリを単に人間の心身機能の回復への訓練と考えるのではなく、人間らしく生きる権利の回復と考え、住み慣れた地域で生き生きと暮らせるためのリハビリを提供しています。寝たきり状態である方でも、できる限り、QOL(生活の質)が向上するよう努力してまいります。

一人ひとりの状態に合わせて治療や訓練を提供し、心身機能の回復のみではなく、QOLの向上や心の安らぎとなる時間を過ごして頂けるようなリハビリテーションの提供を目指しています。

患者さん一人ひとりによって、病状や家庭環境など状況は様々であるため、その方にどんなことが必要なのか、ご家族が何を望まれているのかを把握し、患者さんの生活が少しでも快適になるよう、お手伝いをしていきます。

対象の方

当院では、急性期を終え病状の落ち着いた方から、維持期の方まで、幅広くリハビリテーションを行っています。

・在宅復帰を考えられている方
・他院から転院された方
・医師よりリハビリが必要と判断された方

特長[医療機器]

三次元動作解析装置『キネマトレーサー』導入!

人間の動作を三次元的にコンピューターに取り込んで、数値化・見える化を実現する装置で、近年では、スポーツでの動きの比較や、リハビリテーションにおける回復過程の診断や評価などに用いられます。また、筋電図測定装置との併用により、客観的・具体的にリハビリの効果を測定し、分析ができます。リハビリの効果を”見える化”することで、患者さまの意欲向上に繋がります。

筋肉へ伝わる電気信号をキャッチ!
PASシステム(IVESアイビス)


PASシステム(IVESアイビス)麻痺のない方は体を動かすとき、脳から指令が出て、動かしたい筋肉を動かします。指令は、電気信号として神経を通って、筋肉に伝えられ体を動かします。しかし、脳梗塞や脳出血で脳に障害を受けると、電気信号を伝える神経も障害されます。そのため、筋肉へ伝わる電気信号が弱くなり、動かしたい筋肉が動きにくい、動かないといった麻痺になります。PASシステムは電気信号をオート制御で出力できる先進のトレーニングシステムです。脳からの発信される微弱な電気信号を的確にキャッチして、麻痺のある筋肉に最も適した電気刺激を伝えて筋肉を動かします。これを繰り返し行うことで、麻痺している筋肉が動かしやすくなり、麻痺の改善の可能性が期待されます。さらに、携帯が可能のため、さまざまな場所でのトレーニングが可能です。当院ではリハビリテーション科内でPASを研究するグループを立ち上げ、PASの有効的な活用方法を検討しています。
免荷式リフトPOPO(ポポ)導入!

リフト機能で安全に立ち上がり、免荷機能で負担を軽減して歩行することが出来る歩行訓練器です。転倒するリスクを減らし、意欲的に歩行訓練に取り組むことができます。

[適応症例]
・脳卒中後の片まひの方
・足の骨折後の荷重制限のある方
・変形性の関節疾患があり歩行に痛みを伴う方
・足の筋力低下に伴い歩行に不安のある方など

これまでにない歩行訓練を実現し、立ち上がって歩行することへの「不安」と「負担」を軽減します。

特長[治療法]

川平法の導入(片麻痺のリハビリテーション)

「川平法」とは、鹿児島大学病院霧島リハビリテーションセンター長である川平和美教授が提案した、脳卒中の片麻痺に対する治療法です。脳梗塞や脳出血では、手や足が動かなくなる麻痺が現れます。「川平法」は正しい動きのパターンを繰り返すことで、遮断された神経回路を新しく再構築させて麻痺を改善させるという考え方です。