グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



A2病棟(回復期リハビリテーション病棟)


ホーム > 上林記念病院 > 看護部紹介 > 各部署のご紹介 > A2病棟(回復期リハビリテーション病棟)

A2病棟

回復期リハビリテーション病棟は脳卒中、下肢の骨折、脊髄損傷の患者を対象として、寝たきり防止、ADL(日常生活動作)能力向上と在宅復帰を目標にしています。病棟では、患者さまが安心して個別的なリハビリを行えるように医師・看護師・介護福祉士・リハビリスタッフ・医療相談員でカンファレンスを行い、情報を共有しチームでサポートしています。また、毎月1回家族面談で退院後に向けた話し合いを行い、患者さま・ご家族さまが不安なく退院できるようにチームの一員と考え情報を共有しています。

病棟での取り組み

・疾患より患ってしまった機能障害を、少しでも可能な限り改善できるようにリハビリ訓練のみに留まることなく、日常生活場面を通じてサポートしています。病棟生活の中で、リハビリ以外の時間をお口の体操や手足を動かす体操を毎日行い、季節ごとにレクリエーション(お雛さま会、七夕会、ミニ運動会、クリスマス会)を行い入院生活の中で季節感を出しています。

・病棟では転倒リスクが大きく、自分でできると動いてしまい転倒することが多くあります。また、認知症の患者も多く、リハビリスタッフと合同で転倒予防チームを作り、ベッド周囲の環境を整えるなど転倒予防に努めています。抑制することなく、ホールで過ごす患者さまにはスタッフで見守りの対応をしています。

・脳血管疾患や高齢の嚥下機能が低下している患者さまに対して、看護師や言語聴覚士が協力して口から食べられるようにトレーニングを行います。入院時にスクリーニング検査を行い、看護師と言語聴覚士で合同評価を行い、患者さまの状態に合わせた訓練内容を考え、看護師による摂食機能訓練を実施しています。※摂食機能訓練は食事の前に飲み込みを良くするためのマッサージや口の動きを訓練します。

・その他栄養チーム(リハビリ栄養を基に)、認知症チーム、再発予防チームを作り活動しています。