グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



福井医療短期大学



近藤 研登(こんどう けんと) 尾西記念病院回復期

 入職して早1ヶ月が経とうとしています。当初は不安と緊張に加え病院の右も左も分からないような状態でしたが、先輩方の優しく丁寧なご指導を受け、少しずつ慣れてきました。実際に臨床現場に出て自分の力不足、知識不足を痛感しております。分からないこと・悩んだことは先輩に相談し少しずつ業務をこなせるよう努めたいです。また、臨床に出て大きく変わったこととして、学生時代は実習という形で患者様と関わってきましたが、理学療法士の国家資格を得た現在は患者様にリハビリを提供し、診療報酬を頂くという立場になりました。同時に、このリハビリという仕事は患者様の人生に深く関わる立場にあると思っています。そのため学生時代よりもよりいっそう強い責任感を持ちながら業務に励んでいきたいです。また、日々の勉学やスキルアップを怠らず、常に向上心を持って日々過ごしていきたいです。未熟ながらも少しでも患者様のお役にたてるよう精一杯努めていきます。よろしくお願いします。